ここから本文です

C・ロナウドのCL2戦連続ハットでレアル先勝! アトレチコを3-0で破り2季連続決勝進出へ前進

5/3(水) 5:39配信

Football ZONE web

CL4強でのマドリードダービー、本拠地でエースが再び爆発

 レアル・マドリードは現地時間2日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第1戦でアトレチコ・マドリードと激突し、エースFWロナウドがCLで2試合連続のハットトリックを達成して3-0と圧勝。2季連続のファイナル進出に大きく前進した。

スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 本拠地サンチャゴ・ベルナベウに宿敵を迎えたレアルは、「BBC」の一角FWベイルが負傷欠場。代わりにMFイスコがトップ下、ロナウドとFWベンゼマが2トップに入る4-3-1-2システムでスタート。対するアトレチコは定番の4-4-2システムで、前線にはFWグリーズマンとFWガメイロが起用された。

 試合が動いたのは前半10分だった。DFラモスが右サイドから供給したクロスは一度跳ね返されるも、エリア内右でこぼれ球を拾ったMFカゼミーロがダイレクトで折り返すと、地面に叩きつけられて高く弾んだボールにロナウドが素早く反応。頭で押し込んでネットを揺さぶった。

 エースの一撃でリードを奪ったレアルは、その後もセットプレーからDFヴァランのヘディング、MFモドリッチのミドルシュート、そしてロナウドのクロスからベンゼマのジャンピングボレーと多彩な攻撃で決定機を創出。なかなかリズムをつかめないアトレチコを圧倒した。

今大会10点目で11ゴールのメッシに次ぐ2位に

 前半終了間際にDFカルバハルが負傷し、DFナチョと交代するアクシデントにも見舞われたが、後半も相手にペースを譲らなかった。後半28分には、ベンゼマのお膳立てからロナウドが強烈な右足シュートでこの日2点目をゲット。ポルトガル代表FWは同41分にもゴールを決めてCLで2試合連続のハットトリックを達成。今大会10得点目となり、バルセロナのFWリオネル・メッシ(11得点)に次ぐ、得点ランキング2位に浮上した。

 史上初のCL二連覇に向け、“白い巨人”が宿敵を相手に貫禄を見せつけ、決勝進出に向けて大きなリードを手にした。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/3(水) 5:54
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ