ここから本文です

気が散っているあなた、集中できないのはモンキーマインドだから?

5/3(水) 9:10配信

ライフハッカー[日本版]

こんにちは。習慣化コンサルタントの古川武士です。

新年度を迎えて、新しい職場、新しい仕事に慣れようとする焦りから、集中力が分散してしまう、ながら作業が多くなり効率が悪くなっていませんか? そこで、なかなか集中できないときの問題点と、集中して生産性を高める、思考習慣について、動物のモンキーとチーターの行動・思考にたとえてご紹介します。

古川武士(ふるかわ たけし)/習慣化コンサルタント
関西大学卒業後、日立製作所などを経て2006年に独立。約3万人のビジネスパーソンの育成と約500人の個人コンサルティングの現場から「続ける習慣」が最も重要なテーマと考え、オリジナルの習慣化理論・技術をもとに個人向けコンサルティング、習慣化講座、企業への行動定着支援を行っている。 主な著書に「続ける習慣」「やめる習慣」「早起きの技術」などがあり、全16冊、計70万部を超え、中国・韓国・台湾など海外でも広く翻訳され読まれている。

集中力を散漫にさせる、モンキーマインド

モンキーマインドとは、木の枝から枝へ飛びまわる猿の行動・思考をたとえた言葉で、次から次へと異なる複数の作業に対応するために、その都度、思考を切り替えている状態のことです。電話やメール、突発的な仕事など、多くの仕事をこなすときにはメリットがありますが、思考の切り替えを繰り返しているとストレスが高まり、思考力が消耗してしまうので、集中して資料や企画書の作成に取りかかろうとしても、没頭することができません。

カリフォルニア大学アーバイン校の研究では、「一度、関心の対象がそれると、集中力を元に戻すには23分かかる」と指摘しています。つまり、企画書づくりに集中している最中に、ほかのことに意識を向けてしまうと、リカバリーするために23分も時間をムダにすることになるのです。では、集中力を高めるマインドとは、どのようなものでしょうか。

一心不乱に集中できる、チーターマインド

モンキーマインドとは対照的に、1つのことに100%のめり込んで集中している状態のことを、最高時速100km前後で一直線に走る姿になぞらえてチーターマインドと言います。

脳のストレスや思考力の消耗が少ないので、集中力と効率性が高まり、創造力を発揮した生産性の高い作業を可能にします。いわゆる、ゾーン、ピークエクスペリエンスと呼ばれる状態です。

しかし、1つのことに集中するチーターマインドを継続するのは、たいへんなことでもあります。なぜなら、メールの着信や電話、同僚や上司からの相談など、気が散ることが突発的に入ってくるからです。そこで、集中力を維持しながら仕事の生産性を高める習慣について考えてみました。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。