ここから本文です

有村架純、松本潤との禁断シーン解禁でファン衝撃! 朝ドラ『ひよっこ』視聴率苦戦は実姉の呪い?

5/3(水) 12:02配信

おたぽる

 10月に公開予定の映画『ナラタージュ』の特報映像とビジュアルが先月27日に解禁。主演を務める嵐・松本潤とヒロイン役の有村架純のキス直前シーンが披露され、「唇つけたの、つけてないの、どっち!?」「10月まで悶々としなきゃいけないのか!」などと、双方のファンにショックを与えた。

有村架純、姉・藍里の渾身のグラビアもかすむ美脚披露 “禁断の演技”で『3月のライオン』後篇に注目集まる

「人気小説家・島本理生の同名小説を映画化した今作で有村は、松本が演じる高校教師と禁断の恋に落ちてしまう元・教え子の女子大生役を演じています。原作では2人が体を重ねるシーンがかなり生々しく描写されているため、キャスティングが発表されて以来、『再現するの? しちゃうの?』と、双方のファンは気が気でない様子でした。というよりも、そのシーンが描かれないとラストへと繋がっていかないので、ほぼ必須のシーンといえるのですが、案の定、特報映像ではそれらしき場面が流れ、衝撃が走っているようです」(芸能関係者)

 同じキスシーンでも、現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』で母娘を演じる木村佳乃と有村が一緒に布団で寝ている際、木村のアドリブでおでこにキスをされたシーンではファンをほっこりさせた。

「キスシーンがアドリブだったことは、先月28日に放送された『あさイチ』(NHK)に木村が出演した際、有村がVTR出演して、『佳乃さんが私のおでこにチューをしてきてくれて、「なんかチューしたくなる」って』と発言したことで発覚。これには有村ファンから、『俺も架純ちゃんのおでこにチューしたくなるよ』『可愛すぎる母娘』などと反響があり、2人の母娘役は好評を得ているようです。しかし、その評価は数字には表れていないようで、『ひよっこ』は、平均視聴率20%割れが続いてしまっています。前クールに放送された『べっぴんさん』が最後の4週で19%台に落ち込んでしまっていた影響もあるのでしょう。ただ、ネット上ではそれよりも、ドラマ放送直前に有村の実姉・新井ゆうこが本名の有村藍里で芸能活動をリスタートさせ、グラビア誌で露出の激しい姿を披露したことにより、『清純派のイメージが損なわれてしまったのでは?』と臆測する声も少なくありません」(同)

 その藍里は今月26日、かなり過激な内容と評判の写真集『有村藍里写真集(仮)』(講談社)を発売予定とあって、『ひよっこ』の視聴率に悪影響を及ぼすか否か注目されている。

最終更新:5/3(水) 12:02
おたぽる