ここから本文です

「インテルのSBは問題だらけ」 長友の衝撃ミスで伊メディアが今夏補強ポイントと断言

5/3(水) 8:10配信

Football ZONE web

ナポリ戦の敗戦からチームの現状を考察 「長友のプレーは一つの象徴」

 インテルの日本代表DF長友佑都は、3戦連続スタメンとなった4月30日の本拠地ナポリ戦で痛恨のミスを犯して決勝ゴールを献上。現地メディアやサポーターから大炎上の状態になってしまったが、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は、「インテルのサイドバック問題、長友だけではないが」と特集している。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 長友はナポリ戦の前半43分、逆サイドからのクロスをカバーに入った際、ワンバウンドしたボールを右足で蹴り出そうとするも上手くタイミングを合わせられずに後逸。それを相手FWカジェホンに難なく決められ、0-1と敗れたゲームの戦犯になってしまった。

 記事では「とんでもないミスは、2002年5月のグレスコを思い出させる。不器用なコントロールミスだが、長友のプレーは一つの象徴だ。それはつまり、インテルのサイドバックが問題だらけだということだ」とされ、リーグ優勝を争っていた02年最終節で致命的なミスを犯した当時のスロバキア代表サイドバックを引き合いに出された。そして「インテルは長友の決定的なプレーで、来季のサイドバック問題を解決するために本気になるだろう」と、移籍市場での動きが本格化すると論じている。

 そのなかでも、現在5位と躍進するアタランタのDFアンドレア・コンティが有力な選択肢になっているという。インテルとアタランタは伝統的にクラブ間の関係が良好で、1994年生まれの若手サイドバックが来季の獲得筆頭候補になったとした。その次のチョイスとして、イタリア代表歴を持つDFダビデ・ザッパコスタ(トリノ)とマッテオ・ダルミアン(マンチェスター・ユナイテッド)の獲得にも動いているとしている。

3戦連続先発もチームは1分2敗で8失点

 長友は加入してから常にサイドバックの新加入選手とのポジション争いを強いられ、どこかのタイミングでレギュラーを奪い返し続けてきた。今回もクリスティアン・アンサルディの負傷離脱があったものの、シーズン終盤にその座を奪い返したような印象を見る者に与えている。だが3戦連続スタメンを果たすも、チームは1分2敗で8失点と散々な結果となっており、不死鳥のような働きで指揮官からの信頼を回復できたとは言い難い状況だ。

 昨季終了間際に3年の契約延長を勝ち取った長友だが、来季に向けてサイドバックがチームの重要な補強ポイントと示されているため、これまでの獲得選手とは違ったハイレベルな人材が加入する可能性が高まっている。“インテル愛”を公言する長友だが、来季に向けてクラブが主導する動きにより、厳しい立場に追い込まれようとしている模様だ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/3(水) 8:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新