ここから本文です

ミラン、“補強第1号”が決定か!? 中国マネーでビジャレアルの主力CB引き抜きへ

5/3(水) 12:20配信

フットボールチャンネル

 ビジャレアルに所属する26歳のアルゼンチン代表DFマテオ・ムサッキオを狙うミランが、今夏の移籍市場で同選手の獲得に成功するかもしれない。2日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

【動画】本田圭佑が初激白!G大阪ユースへ昇格認められず… 今明かされる高校入学時の”迷走”

 同メディアはタイトルに「ミラン、ムサッキオとの契約を締結」とつけ、移籍金1800万ユーロ(約22億円)を支払うことで合意に近づいていると報じた。ムサッキオとは4年契約を結ぶ見通しという。昨年夏にも獲得を目指していたが移籍金の面で折り合いがつかず。しかし、今年4月に中国の投資ファンドへのクラブ売却が決まったことで交渉に進展が見られたようだ。

 ムサッキオは今季公式戦29試合に出場している主力のセンターバックだが、2018年6月で契約が満了となるビジャレアルとは未だに契約更新をしてなかった。守備に課題を残すミランにとって、ムサッキオの補強が成功すれば大きな戦力となりそうだ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)