ここから本文です

ダイブでPK獲得のローマMFが2試合出場停止 マンU神童の“演技”より「10倍酷い」との批判も

5/3(水) 18:43配信

Football ZONE web

“ローマダービー”で審判を欺いたストロートマンのダイブが、ビデオ検証され処分

 ローマのオランダ代表MFケヴィン・ストロートマンは、4月30日に行われたラツィオとのダービーマッチに先発出場し、0-1で迎えた前半終了間際にエリア内で倒されてPKを獲得したが、これは審判団を欺くダイブだったとして、2試合の出場停止処分が発表された。試合はラツィオが3-1で勝利している。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 前半44分、ローマは敵陣でパスを回して攻撃を展開し、右サイドのDFアントニオ・リュディガーからペナルティーエリア内に縦パスが通った。これを受けたFWモハメド・サラーが前を向いたところで、ラツィオDFワラシがボールを奪取。そのまま倒れ込みながらボールをサイドに蹴り出そうとしたところで、ストロートマンの左足を払うような格好になってしまった。主審はストロートマンが倒れるのを確認すると、ホイッスルを吹いてペナルティースポットを指差した。

 しかし、スロー映像で確認すると、このプレーで両者に接触は全くなかった。ワラシは足の振りを途中で止めており、ストロートマンにはかすりもしていない。遠目ではまるで本当に蹴られているかのような、あまりに自然なダイブに、7、8メートルほどの距離から見ていた主審や追加副審もまんまと騙されてしまった。

 このプレーは試合後にビデオ検証され、27歳のオランダ人MFにはリーグから2試合の出場停止処分が下されることが決まった。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」によれば、セリエAは声明を出し「この一件でPKを獲得した際に見られた振る舞いは、ひどくスポーツマンシップに反したものだった」とされている。

英メディアも「許しがたいダイブ」と紹介

 この決定はイタリア国外でも大きな反響を呼んでいる。イングランドではマンチェスター・ユナイテッドの19歳FWマーカス・ラッシュフォードが、同じく4月30日のスウォンジー戦(1-1)で、飛び出したGKウカシュ・ファビアンスキとの接触前に倒れ込むダイブでPKを獲得したことが物議を醸していた。それを受け、英サッカー情報サイト「CAUGHT OFFSIDE」は「ケヴィン・ストロートマンのダイブはマーカス・ラッシュフォードよりも10倍酷い」とローマMFの演技を糾弾した。

 また、英衛星放送局「BTスポーツ」は公式ツイッターで、「ケヴィン・ストロートマンの許しがたいダイブ」と紹介。ローマダービーという注目度の高い試合で行われたアンフェアなプレーということもあり、ストロートマンに対する風当たりは強くなっている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/3(水) 23:08
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新