ここから本文です

酒井高徳所属のHSVが非情な決断! 前主将を含む3人を構想外へ。SD「チーム一致団結のため」

5/3(水) 16:00配信

フットボールチャンネル

 ハンブルガーSV(HSV)は2日、3人の選手を構想外としチームから外れると公式ホームページで発表した。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 クラブはヨハン・ジュルー、ナビル・バホウィそしてシュトン・ゲッツの3選手をチームから外した。この決定は現地時間2日に下され選手たちに伝えられたようだ。

 3人の中でもジュルーは今季開幕をキャプテンとして迎えるなどシーズン序盤はチームの中心としてプレーしていた。しかし昨年11月に主将の座を日本代表DF酒井高徳に譲って以降、監督との不仲が伝えられるようになり、今年3月には公の場で監督批判をするなどの問題行動を起こしていた。

 イェンス・トッドSD(スポーツディレクター)は今回の決定について「残り3試合に我々の全てを捧げなければならない。それ故、もう一度チームとして一致団結するためにもこの決断をし、ラストスパートに向けて少数精鋭で臨むことにした」とコメントしている。

 HSVは現地時間30日に行われたブンデスリーガ第31節のアウグスブルク戦で4-0の大敗を喫し、1部2部入れ替え戦に回る16位に順位を下げている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)