ここから本文です

因縁の名古屋対京都はドロー決着。FW闘莉王は不発に

5/3(水) 17:11配信

SOCCER DIGEST Web

前半にケヴィン・オリスが先制点、終了間際にシモビッチが意地の同点弾。

[J2リーグ11節]名古屋1-1京都/5月3日/豊田ス
 
 J2リーグ11節の名古屋対京都が5月3日、豊田スタジアムで行なわれ、1-1の引き分けに終わった。
 
 田中マルクス闘莉王や本多勇喜、小屋松知哉など、京都の複数の選手にとって古巣対決となった一戦は、京都ペースで進んだ。
 
 立ち上がりから名古屋にボールを保持されるものの、アウェーチームはしっかりと守備ブロックを作って隙を与えない。ケヴィン・オリスと闘莉王の2トップが縦パスのコースを切りつつ、中盤と最終ラインの選手が相手ボールホルダーに厳しくプレッシャーをかけてパスワークを封じた。
 
 そうして迎えた40分、待望の先制点を手に入れる。エリア付近ゴール正面で得たFKのチャンスで、ケヴィン・オリスが右足を振り抜き、ネットに突き刺した。
 
 この一発で先制した京都は、直後にも小屋松知哉が相手最終ラインの裏に抜け出してシュート。GK楢﨑正剛にセーブされたものの、立て続けにチャンスを作った。
 
 後半に入ると名古屋が先に動く。田鍋陵太に代えてフェリペ・ガルシアをピッチへ。すると攻撃にリズムが生まれ始め、53分には玉田のクロスからシモビッチがシュート。杉森考起に代わって杉本竜士が投入された直後の58分には、宮原和也がポスト直撃のミドルを放った。
 
 しかし、京都の守備は固く、70分にはGK菅野孝憲がビッグプレーを披露するなど、1-0のまま時間が過ぎていく。
 
 そして迎えた90+1分、もう試合も終わろうかという土壇場で名古屋が意地を見せた。杉本がクロスを上げると、GK菅野がパンチングをミス。エリア内にこぼれたボールをシモビッチが拾い、素早く反転して右足で蹴り込んだ。
 
 結局、試合はそのまま終了。お互いのプライドが激突した因縁の試合は、1-1で勝点1を分け合う結果となった。

最終更新:5/3(水) 17:11
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ