ここから本文です

「失速せずに、どんどん上へ」久保建英がトップデビューに満足せずさらなる成長を誓う

5/3(水) 19:12配信

SOCCER DIGEST Web

J3とはスピード感の違いを感じるも十分にやれていた。

[ルヴァンカップ4節]FC東京 1-0 札幌/5月3日/味スタ
 
「改めて感じたのは、Jリーグのレベルの高さです。やっと一歩踏み出せたなと思っています。とくにボールスピードやワンタッチの速さです。どちらかといえばJ3は球際が多いですが、J1はそこをスルスルかわしていく感じがありました」
 
 ルヴァンカップの札幌戦でトップチーム・デビューを飾ったFC東京の久保建英は、試合後にまずそう語った。
 
 66分、永井謙佑との交代でピッチに立った15歳は、トップ下/セカンドトップのような位置に入る。ファーストプレーでシュートを狙えば、自ら仕掛けてファウルを貰い、そのFKも直接狙う。さらに組み立ての冷静なパス、守備での献身的なプレスなど、トップデビュー戦とは思えない存在感を放った。
 
 しかし、最大の武器であるドリブル突破を仕掛けるシーンは少なく、持ち味を最大限に発揮したとは言い難いだろう。その理由は、トップチームでの練習が1週間という連携不足に加え、これまで主戦場にしてきたU-18世代・J3とJ1のレベル差だったと本人は分析したのだ。
 
 とはいえ、敵味方を問わず選手たちが軒並み「落ち着いて普通にやれていた」と語った通り、改めて“日本サッカーの未来”と謳われるポテンシャルの高さを感じさせたのは事実。本人もさらなるレベルアップを目標に掲げた。
 
「サッカーをやっている以上、どんどん上を目指していきたい。できるだけ早くもっと上にいきたいと思っています。今の時点で自分は同年代の選手よりも半歩くらい前に進んでいると思っていますが、スタートが速いだけじゃなくて、失速せずにどんどん上にいきたいと思っています」
 
 16年11月5日にJリーグ最年少出場記録を更新し(15歳と5か月1日)、17年4月15日にはJ最年少ゴールを叩き込み、この日は一気にトップチーム・デビューまで飾った久保。飛び級選出された今月20日開幕のU-20ワールドカップを含めて、その進化にますます注目が集まる。
 
取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)
 

【久保建英PHOTO】15歳の神童がトップチームデビュー!

最終更新:5/3(水) 19:13
SOCCER DIGEST Web