ここから本文です

【ルヴァン杯】3連勝の仙台が首位浮上! U-20勢が奮闘のFC東京、磐田が順位上昇

5/3(水) 19:58配信

SOCCER DIGEST Web

U-20W杯出場を逃すも仙台・佐々木が存在感を見せる。

 YBCルヴァンカップは5月3日、各地で4節の6試合を開催した。Aグループの3試合では、FC東京、仙台、磐田が勝利を収めた。

【写真】久保建英、トップデビュー札幌戦のプレー集



 この日最も大きな話題を提供したのはFC東京だろう。前日にU-20ワールドカップの日本代表メンバーにも選ばれた15歳の久保建英がトップデビューを果たした。永井の先制ゴールでFC東京が1点リードで迎えた66分、ついに久保がピッチに立った。投入直後のプレーでシュートを放った久保は、その後もスルーパスやFKなどでスタンドを沸かせるプレーを披露。ゴールこそなかったものの、篠田善之監督にも「とてもいい評価」と言わしめる出来だった。試合はFC東京が首位の札幌を1-0で下し、勝点6で3位に浮上。勝点7の札幌は首位陥落で2位となっている。

 札幌に代わって首位に立ったのが仙台だ。大宮とのアウェーゲームで輝きを放ったのはふたりの若手。先制点は19歳の佐々木匠で、17分にこぼれ球を冷静に蹴り込み、大会2得点目を奪った。さらに57分には20歳の西村拓真が力強い突破からシュートを突き刺し追加点。大宮の反撃を1点に抑えて、2-1で勝利した。仙台は勝点9で札幌に2ポイント差をつけて首位に立った。

 また、柏対磐田では、U-20日本代表対決が実現。柏の中山雄太と磐田の小川航基がピ熱いバトルを展開した。試合は柏がディエゴ・オリヴェイラのゴールで先制するも、76分に川辺が同点ゴール。そして迎えた終盤の86分、磐田はPKを獲得し、蹴るのは小川航。落ち着いてゴール中央に蹴り込み、これが決勝点となった。中山のタイトなマークに苦しんだ小川航だったが、最後に結果を残してみせた。磐田はFC東京とともに勝点6で4位に浮上している。

 以下、Aグループ4節の結果と順位。

Aグループ 4節の結果
FC東京 1-0 札幌
大宮 1-2 仙台
柏 1-2 磐田

順位表(4節終了時)
順位 チーム名/勝点/得失差
1  仙台/9/-1
2  札幌/7/2
3  FC東京/6/5
4  磐田/6/-1
5  柏/4/0
6  大宮/2/-1
7  清水/0/-4

最終更新:5/3(水) 19:58
SOCCER DIGEST Web