ここから本文です

【テレビの開拓者たち(11) 玉井貴代志】ベテラン放送作家が教える「テレビマンに必要な資質」

5/4(木) 6:00配信

ザテレビジョン

歌やコントなどエンターテインメントショーの魅力が詰まった「カックラキン大放送!!」('75~'86年日本テレビ系)から、プロ野球にバラエティー的な楽しみ方を盛り込んだ「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」('83年ほかフジ系)、とんねるずの人気を決定付けた「とんねるずのみなさんのおかげです」('88~'97年フジ系)といったバラエティー番組、さらに「紅白歌のベストテン」('69~'81年日本テレビ系)、「あなたの歌謡リクエスト」('14~'17年BSフジ)などの音楽番組まで、数多くの番組を手掛けてきた放送作家の玉井貴代志。5月6日(土)放送の「昭和歌謡パレード」(BSフジ)では監修を手掛けるなど、現在も現役で活躍し続けている玉井氏に、放送作家として心掛けていることやこだわりなど、テレビ番組作りにかける思いを語ってもらった。

「カックラキン―」「―みなさんのおかげです」のほか、「ものまね王座決定戦」('73年ほかフジ系)、「たのきん全力投球!」('80~'83年TBS系)など幅広い分野の番組を手掛ける玉井貴代志氏

■ 台本って、リズム感とかテンポが一番大切なんだ

──玉井さんが放送作家として初めて手掛けられた番組は?

「最初にコントの台本を書いたのが、『ハッチャキ!!マチャアキ』('71~'73年日本テレビ系)という堺(正章)さんを中心にした番組。当時のコントは、ドリフ(※ザ・ドリフターズ)みたいにギャグの連発でどんどん進んでいくというのが主流でね。起承転結はあっても、とにかくギャグを優先しないといけないから、それをつなげて台本にしていくのが大変だったんだよ。

その後に始まった『カックラキン大放送!!』は、坂上二郎さん、野口五郎さん、研ナオコさんが最初のレギュラーで、そこに途中から、ナオコさんのお兄ちゃんという設定で堺さんに入ってもらって。その後、堺さんと顔が似てない双子という役で(笑)、井上順さんも入ってきて、さらに郷ひろみさん、西城秀樹さんも加わって、“大家族”にしちゃったの。『カックラキン』は、ドリフがやるようなコントにストーリー性を持たせるっていうやり方をしたんだよね。しかも毎回のゲストの人物設定を考えて、キャラクターを立たせないといけなかったから、どんどんネタがなくなってきて、台本作りは本当に大変だった。おかげで番組の人気は高かったんだけどね」

──コントの台本を作る上で大切にされていたことは?

「当時はまだ放送作家だけを専門にしている人は珍しくて、どうやったら放送作家になれるのかもよく分からない時代でね。僕の場合は、東宝の演出家で、放送作家のお仕事もされていた塚田茂先生に弟子入りしたんだけど、とにかく塚田先生の書いた台本をいっぱい読んで勉強したの。そうすると、セリフをダラダラ書くのはダメだとかいうことがだんだん分かってくるわけ。やっぱり台本って、リズム感とかテンポが一番大切なんだと思う」

■ いろんな音楽を知ってる方がいい。会議でも、自分で歌っちゃえばいいんだもん(笑)

「そういう意味では、僕の場合は学生時代に音楽をやっていたのも大きかったね。そのころは漫才師や芸人さんがテレビのコントをやることはあんまりなくて、いわゆるテレビタレントといわれた方々が演じていたでしょ。クレイジーキャッツやドリフはもともと超有名なバンドマンだし、野口さんや研さんは、本業は歌い手さん。みんな音楽の素地のある人だったから、特にリズム感のある台本が求められてたところもあったんじゃないかな。まぁそもそも、3行以上のセリフがある台本は、覚えるのが大変だっていって嫌がられるんだよ(笑)。でもそりゃそうだよね、僕も『みなさんのおかげです』でコントをやらされたとき、3行以上は覚えられなかったもん(笑)」

──玉井さんは、歌番組や音楽番組も数多く手掛けられていますね。

「僕はね、学生時代にグリークラブに入ってて、日本代表まで行ってるの。自分で言うのもなんだけど、歌は相当うまいと思うよ(笑)。で、そのころからアメリカンポップスから日本の古い歌まで、いろんな曲が好きでね。ムードコーラスに関しては、“ムードコーラスの陰の帝王”って言われるくらい詳しいんだ(笑)。作家になってからも、新御三家(※郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎)とか、たのきん(※田原俊彦、近藤真彦、野村義男)とか、アイドルの歌も全部聴いてたし。やっぱり音楽の番組を作る上では、いろんな音楽を知ってる方がいいよね。会議をやってても、わざわざ調べなくても、その場で自分で歌っちゃえばいいんだもん(笑)」

──そういえば、玉井さんは“玉井しのぶ”名義で、’91年に「からくり銀座」というCDを発売されているそうですが…。

「そうそう。これは、作詞・秋元康、作曲・後藤次利という2大巨匠の作品でね。今はネットでそこそこの値段が付いてるらしいよ(笑)。『みなさんのおかげです』でも、この曲のイントロが掛かって僕が歌おうとすると、上から僕の頭にタライが落ちてきて歌えない、というパターンのコントを何回もやって…その台本も自分で書いてたんだけどね(笑)」

■ テレビを作るには、バカになってくれるヤツが一人いないとダメなんだよ

──音楽番組を作る上で、他に心掛けていたことなどありますか?

「歌番組をやるときに一番好きだったのが、司会が曲を紹介するときのナレーション原稿を書くこと。なぜかというと、ナレーションは絶対に書かれた通りに言ってくれるから(笑)。曲紹介のナレーションって、よく歌い手さんの出身地の話を入れたりするんだけど、そのときに単純に地名を言うだけじゃなくて、例えば東北だったら『雪深い○○』とか、何か形容詞を入れる。作家の文才って、そういうところに出てくるんだよ。で、それが自分の見せ場というか、センスをアピールするチャンスになって、仕事の幅が広がったりする。一番好きだったのは『日本レコード大賞』(TBS系)のナレーションだな。やっぱり、一つひとつ重みがあったからね」

──では、玉井さんが思う、放送作家に必要な資質とは?

「やっぱり“語彙(い)力”だと思う。言葉を知っている人は、どんな状況にも対応できちゃう。結果を出すことができるんだよね。会議で誰かが言ったことをパパッとまとめたり、番組の収録中にその場で台本を書き換えたり、瞬時にしてビビッといい言葉が出てこないとダメだよね。

あとは、場の流れを読むうまさかな。会議とかでも『ここはしゃべっていいのかな』とか、『今は黙っておこう』とかね。何でもかんでもしゃしゃり出てくるようなヤツに、成功者はいないもん(笑)。テレビを作るときって、チームの中に誰か一人、バカになってくれるヤツがいないとダメなんだよ。そういうガス抜きをしてくれる人がいないと、会議でも何でも、しんどくなってくる。バカなこと言うヤツがいて、みんなで『それ違うだろ』ってツッコんだり、『ところで、さっき言ったことだけど』って話がつながって新しいアイディアが生まれたり。そういう空気がないと、次に進んでいかないもん。要は、そのとき、そのときの自分の立場をちゃんとわきまえること。僕はそれを50年やってきてるからね、根性が違いますよ(笑)」

最終更新:5/8(月) 17:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)