ここから本文です

清原果耶、『ちはやふる』準クイーン役で「広瀬すずを食う?」 綾瀬はるかの少女時代役には不満の声も?

5/4(木) 9:00配信

おたぽる

 昨年3月と4月に2部作が公開され、ヒットを記録した映画『ちはやふる』。その続編に出演する新キャストが26日に公開されたのだが、主役・広瀬すずのライバル役を演じることになる清原果耶に対して、「主役を食っちゃうのでは?」「美少女ぶりではすでに清原に軍配?」などと期待の声が寄せられている。

ローラ、広瀬すずに“ひよこ”発言で「上から目線?」 ブルゾンちえみとのコラボには嫉妬の声

『ちはやふる』は、競技かるたに情熱を傾ける高校生達の青春を描いた、累計発行部数2,000万部を超える同名の人気少女漫画の映画化作品。清原が演じる現役準クイーン・我妻伊織役は映画オリジナルキャラクターということで、ストーリーにどのような色合いを加えることになるのか、原作ファンからも注目が集まっている。

「物語は、競技かるたの頂点・クイーンの座を目指す、広瀬演じる主人公・綾瀬千早を中心に動いているのですが、清原が演じる我妻は現役の準クイーンということで、千早にとっては超えなくてはならない大きな壁として登場します。清原といえば、2015年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の主要キャストに抜擢されたことで、その美少女ぶりに注目が集まり、将来性を嘱望されている存在。ルックスだけではなく演技力に関しても評価が高いため、業界内では『今作で本格ブレークが期待される』『広瀬と同等に渡り合えれば、今後は主演級にステップアップする』などと、高い関心が寄せられています」(芸能関係者)

 昨年3月から放送されているドラマ『放送90年 大河ファンタジー 「精霊の守り人」』(NHK)で、清原は一応、主人公を演じているのだが、それは綾瀬はるかが演じる成人期の少女時代役ということで、「どうせなら果耶ちゃんが出ずっぱりでいいのに」「少女時代を中心に放送してくれないかな?」などと、ファンからは無茶ぶりする声も飛び交っている。

「同作は3シーズンに分けて放送され、第1シーズンの前半部分では主人公の少女時代が描かれていたため清原は普通に出演していたものの、今年1月から3月に放送された第2シーズンでは回想という形での出演に。今年11月から放送予定の第3シーズンでは回想シーンすらあるかわからないため、『もっと果耶ちゃんの出演シーンを増やしてくれ!』とファンから不満の声が噴出しています。第2シーズンの最終話の平均視聴率が6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と惨敗を喫したこともあり、『果耶ちゃんをメインにした方が数字取れるんじゃない?』という声も。また、高島礼子が特殊メイクにより70歳の老婆役で出演していることから、『果耶ちゃんに30歳のメイクをして綾瀬と交代させて欲しい』という無茶なリクエストも寄せられているようです」(同)

『精霊の守り人』は、初回の平均視聴率11.7%をピークに着実に右肩下がりとなり、第3シーズンの惨敗は目に見えている。それだけに、キャリアに傷をつけないためにも、出演シーンはない方が清原にとって良いことなのかもしれない。

最終更新:5/4(木) 9:00
おたぽる