ここから本文です

精神疾患でエバートンMFが緊急入院。2月までプレミアリーグの試合に出場

5/4(木) 7:10配信

フットボールチャンネル

 エバートンに所属する30歳の元イングランド代表MFアーロン・レノンが精神疾患の疑いで病院に搬送された。3日に英メディア『BBC』が報じている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 同メディアによると、先週の日曜日(4月30日)に警察に通報が入り、レノンに精神疾患の疑いがあるため精神保健法第136条の下で拘束され、病院に搬送されたとのこと。クラブの発表によるとレノンは現在「ストレス関連疾患の治療」を受けているという。

 レノンは2015年夏にトッテナムからエバートンに移籍。加入初年度で公式戦31試合に出場し6得点2アシストを記録していた。今季もリーグ開幕戦から試合に出場していたが、今年2月のミドルスブラ戦で出場したのを最後に出番がなくなっていた。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ