ここから本文です

「ミニチュアセット」でつくられた名作映画の美しきポスター12点

5/4(木) 11:50配信

WIRED.jp

『ティファニーで朝食を』から『ショーシャンクの空に』『アメリ』『ムーンライズ・キングダム』『her』『キャロル』まで。

映画に登場する部屋や小道具を再現したポスターシリーズを紹介。

英国マンチェスター出身のアーティスト、ジョーダン・ボルトンは、映画を観るときに画面を注視する。「『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』の場合、間違いなく10回は観ました。1コマごとに一時停止していたら、映画1本観るのに5時間もかかるのです」とボルトンは言う。

「ミニチュアセット」でつくられた名作映画の美しきポスター

ボルトンは、映画に登場する部屋や小道具を再現した、手の込んだポスターシリーズを作成している。そのため、極限まで神経を集中させて各シーンを捉えているのだ。

「これらのポスターは、登場人物やストーリーを無視し、詳細だけを通して映画を観るための方法です」とボルトンは言う。ポスターからは例えば、ウェス・アンダーソン監督がナイフとトランプを多用していることがわかるという。

小道具を再現する「Objects」シリーズ用に選んだ作品を観るとき、ボルトンは新しいコマごとに一時停止し、スクリーンショットを撮る。作品に登場する100個ほどの物をリストにし、古い作品から再利用できるものか、新たに製作しなければならないものかを判断する。ほとんどの材料は近くの1ドルショップで購入する。各ポスターの制作には約50ドルが費やされ、小道具の組み立てには約1週間かかるという。

古い縁あり帽子を裁断して『ムーンライズ・キングダム』のラクーンキャップをつくったり、白いパテを重ねて塗料を吹き付けて『キャロル』に登場する金のアクセサリーを製作したりする。

最後に、背景となる紙の上にすべてを並べ、注意深く配置する。例えば、『キャロル』ではテレーズとキャロルが出会う前後に登場する小物を幾何学的に配置したり、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』のマーゴとリッチーの所有物をスーツケースで隔てたりするといった具合だ。

一方部屋を再現する「Rooms」シリーズでは、ボルトンは各映画をスローモーションで1~2回しか観ない。部屋のスクリーンショットを撮り、写真をフォルダーにまとめていく。続いて、間取り図を描き、紙と発泡スチロールを使って、『her/世界でひとつの彼女』に登場する未来のリヴィングルームや、『パルプ・フィクション』に出てくるレストランを再現している。

新しいシリーズは、ウェス・アンダーソンの映画ほど細部にこだわることはできなくとも、建物を通して映画の雰囲気を伝えている。「『her』では主人公が孤独感を漂わせていますが、未来的な部屋にそれが見て取れるのです」

ボルトンは2つのシリーズを継続し、来年にはさらに、映画の衣装を使った第3のポスターシリーズを始める予定だという。「いまでは映画を観るとき、嫌でも背景に目が行ってしまいますね」と彼は言う。「それによって、映画をまったく違う次元で観ることができるのです」

CHARLEY LOCKE

最終更新:5/4(木) 11:50
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。