ここから本文です

ブッフォン、モナコの“誰か”と喜んでユニ交換。理由は若手時代の屈辱

5/4(木) 8:38配信

フットボールチャンネル

 ユベントスのGKジャンルイジ・ブッフォンは、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのモナコ戦終了後、相手選手とユニフォーム交換をしたことを伊放送局『メディアセット』で明かした。

昨夏ユベントスから移籍したあのMFが1位に… 移籍金歴代トップ10

 アウェイに乗り込んだユベントスはゴンサロ・イグアインの2ゴールにより2-0の先勝を収め、決勝進出に大きく近づいた。

 モナコ戦でも好セーブを見せたブッフォンは、「別にセービングを見返したりはしない。私は判断することができないからね。でも、重要なのはチームが必要としてくれた時に準備ができているということだ」と語っている。

 なお、ブッフォンは試合終了後にモナコの選手とユニフォームを交換したという。過去に経験した苦い思い出から、今は喜んで交換するように心がけているようだ。

「私は誰とでもユニフォームを交換できたら幸せだ。それはリスペクトの証だからね。私が若手だった時のことをよく覚えているよ。試合終了後にとある選手にユニフォーム交換を求めたところ、彼は『ノー』と言ったんだ。これには本当に驚いたよ。そこから決断したんだ。もし自分が偉大な選手になってまでそんな行動をしたら恥ずべきことだとね」

 気になるユニフォームの交換相手については、「誰としたかって? 教えないよ!」と明言しなかったブッフォン。果たして偉大な守護神とのユニフォーム交換に成功したモナコの選手は誰なのだろうか。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)