ここから本文です

グーグルアース上に建てられた「砂上の楼閣」

5/4(木) 12:10配信

WIRED.jp

写真家チボー・ブリュネは自分で写真を撮らない。彼はグーグルアース上につくられた無数の3Dモデルを切り取り、建築写真を「撮影」する。生み出されたイメージはぼんやりとしていて夢のなかの風景のようであり、まるで「砂上の楼閣」のようでもある。そして同時に、イメージの作者が誰なのかという問題も提起している。

【写真作品】グーグルアース上に建てられた「砂上の楼閣」

茫漠とした抽象的な空間に、建物らしきものが浮かんでいる。それらの建物はディテールが溶け落ちてしまっているようで、かろうじて壁と窓があることで建物であることが担保されている。コンピューターで描いた安っぽいグラフィックのようにも見える。

チボー・ブリュネの『Tipologie du virtuel』は、グーグルアース上の建築物を再構成してつくられた作品だ。グーグルアースやグーグルマップには3D表示機能が備わっている。その機能をオンにして地図を表示させると、真俯瞰から見ていた地図に傾斜がつき、建物が立体的に見えるというわけだ。3Dモデルの精度はばらばらで、かなりリアルに見えるものもあれば、二次元の画像を無理やり三次元の地形に貼り付けたようなものもある。

こうした3Dモデルはグーグルが一元的に作成しているのではなく、さまざまなユーザーによってつくられている。なかにはカーナビ用のデータを使っているものもあるし、個人が作成した3Dデータを採用しているものもある。

ブリュネはグーグルアース上でフランス国内を探索し、郊外に建てられたショッピングモールや公共住宅をピックアップした。彼は建物の3D表示された建物だけを切り取り、それぞれの3Dモデルの作成日時に応じて建物に影をつける。周囲の環境から切り離され、カタログ化されるようにしてまとめられた建築群の画像は、かつてドイツの写真家ベッヒャー夫妻が提唱した類型学的なアプローチを思い起こさせる。ブリュネは3Dモデルを地図という文脈から切り離し、集合的なクリエイションの産物として新たに接続しなおしているのだ。

しかし、ブリュネは必ずしも建築写真に興味があるというわけではない。彼の関心はむしろ、こうした3Dモデルの作者の存在にある。3Dモデルの作成は一種の創作行為だが、この作品はすべて著作権フリーのデータからつくられているのだ。「単なる画像生成にアートが使われるのを黙認していると、個人による創作と集団による創作の境界線はなくなってしまいます」とブリュネは述べる。

グーグルアースが扱うデータはあまりにも多すぎて、わたしたちは個々のデータがどうやってつくられているのか意識することがない。著作権フリーのデータから作品をつくることで、ブリュネは鑑賞者に画像のソースや所有権の存在を意識させようとしているのだ。たとえ人工知能がつくったものであっても、著作権が放棄されたものであっても、あらゆるデータには作者が存在することを忘れてはいけないだろう。

WIRED.jp_IS

最終更新:5/4(木) 12:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。