ここから本文です

PSGがオーバメヤンに正式オファー? ドルトはエース流出に備え”ドログバ2世“に興味か

5/4(木) 18:00配信

フットボールチャンネル

 パリ・サンジェルマン(PSG)はドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンにオファーを出した模様だ。3日付けの独紙『シュポルト・ビルト』などが報じている。

【驚愕サッカー動画】ドルトムント香川、今見てもやっぱり凄かった!!

 記事によると、PSGはドルトムントに対しオーバメヤン獲得のための正式オファーを出したと伝えている。ドルトムントのハンス=ヨハヒム・ヴァツケCEOは7000万ユーロ(約84億円)以上のオファーが来た場合には話し合いに応じる姿勢を見せているようだ。

 カタール資本による圧倒的な予算を要するPSGはチャンピオンズリーグ(CL)制覇をするための切り札としてオーバメヤンが必要と判断しているようだ。先月25日には仏サッカー専門誌『フランス・フットボール』が代理人を務めるオーバメヤンの父親がPSGのスポーツディレクターを務める元オランダ代表FWパトリック・クライファート氏と会ったと報道した。

 さらに同誌では3日、ドルトムントがオーバメヤンの移籍を見越し、セルティック所属のFWムサ・デンベレに興味を持っていると報じている。20歳のデンベレは今季リーグ戦29試合に出場し17得点8アシストを記録している。また、CLではマンチェスター・シティ相手に2ゴールを挙げるなど“ドログバ2世”とも呼ばれている。

 オーバメヤンは2013年に1300万ユーロ(約16億円)でフランス1部リーグのサンテチエンヌからドルトムントに移籍してきた。クラブと2020年まで契約をしている27歳のストライカーはこれまでドルトムントで185試合に出場し115ゴールを挙げている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)