ここから本文です

アーセナル“全権監督”体制が終了? ドイツで評価高める37歳の強化部長招聘を画策か

5/4(木) 22:12配信

Football ZONE web

ホッフェンハイム躍進を支えるローゼン強化部長引き抜きの可能性が浮上

 今季20年間獲得してきたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を喪失する危機に立たされているアーセナルは、功労者のアーセン・ベンゲル監督の解任が浮上するなど、クラブは分岐点に立たされている。強豪再建に向けて、ブンデスリーガで躍進する奇跡の軍団をまとめる37歳の敏腕強化部長を招聘する可能性が浮上している。英地元紙「デイリー・ミラー」が報じた。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 アーセナルはこれまで強化部長が存在せず、ベンゲル氏が全権監督としてチーム強化も進めてきた。だが、ここにきてクラブは強化部長の人選を進めており、ブンデスリーガ3位ホッフェンハイムで同職を務めるアレクサンダー・ローゼン氏の招聘に動いているという。

 ホッフェンハイムはすでにリーグ4位以内を決めており、来季のCLプレーオフ出場権獲得以上を確定させている。29歳のユリアン・ナーゲルスマン監督の手腕に注目が集まるが、クラブのスカウティング能力の高さでも評価を高めている。

 昨季レスターで、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディと日本代表FW岡崎慎司の活躍によって、出番を手にすることができなかったクロアチア代表FWアンドレイ・クラマリッチはホッフェンハイムで再生。チーム最多12ゴールを決める活躍を見せている。

移籍市場で収益を上げた実績も

 移籍市場でのオペレーションで利益を上げた実績もあり、2015年にはリバプールにブラジル代表FWロベルト・フィルミーノを放出し、2600万ポンド(約37億8000万円)の収益を上げている。

 ローゼン強化部長はアーセナルOBでアヤックスのマルク・オーフェルマルス強化部長、ドルトムントのミヒャエル・ツォルク強化部長とともに、アーセナルが招聘に動いているという。37歳の若き強化部長はMFメスト・エジル、FWアレクシス・サンチェスというダブルエースの流出危機に立たされているガナーズを再生できるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/4(木) 22:12
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ