ここから本文です

グーグル、次期Pixelの呼び名は「巨大な魚」であることが判明

5/4(木) 12:30配信

Forbes JAPAN

グーグルは「Pixel」と「Pixel XL」の後継機種を開発中だとしているが、リークされた情報によると開発しているモデルがもう1つあるようだ。



アンドロイド関連ニュースサイト「Android Police」と「Droid Life」に続きドイツの「WinFuture」がグーグルの最新AOSP(アンドロイドのオープンソース)内にmuskie、walleye、そしてtaimenという3つのPixelのコードネームを確認した。

しかも、その3つの全てが米国向けGalaxy S8にも採用されたクアルコムの「Snapdragon 835」を採用している。この情報からまず分かるのは高額な端末になるということだ。また、グーグルがつけるコードネームは、端末のサイズのヒントにもなる。これまでのグーグル端末のコードネームを下記にご紹介しよう。

2012年発売Nexus 4(4.7インチ):Mako(アオザメ)
2013年発売Nexus 5(5インチ):Hammerhead(シュモクザメ)
2014年発売Nexus 6(6インチ):Shamu(シャチ)
2015年発売 Nexus 5X(5.2インチ):Bullhead(ネコザメ)
Nexus 6P(5.7インチ):Angler(アンコウ)
2016年発売 5.1インチ Pixel コードネーム:Sailfish(バショウカジキ)
5.5インチ Pixel XL コードネーム:Marlin(マカジキ)

今回発見されたコードネームのwalleye(ウォールアイ)は最大11キログラムの大型魚、muskie(アメリカカワカマス)、は最大17キログラム、そして謎の多いtaimen(アムールイトウ)に至っては最大100キロにもなると言われている。

つまり、taimenはタブレット(ラップトップにはSnapdragonのチップセットを使わないため)になる可能性が高い。グーグルの最新タブレットNexus 9は3年前に発売されているが、グーグルは後継機種を発売する予定はないと述べていた。最新PCのChromebook Pixel 2は2年前に発売されているが、この後継機種についても否定している。

新端末がどういう仕様になるかは不明な部分も多いが、一つだけ確かなのは、価格は安くないということだ。

Gordon Kelly

最終更新:5/4(木) 12:30
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2017年11月号

株式会社アトミックスメディア

2017年11月号
9月25日(月)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。MY PAGEで記事の保存や閲覧履歴チェック、限定プレゼントへの応募も可能に。