ここから本文です

【名古屋】辛くも引き分けた京都戦、闘莉王&オリスの"ズルい2トップ"以上に注意すべきだったのは?

5/4(木) 18:39配信

SOCCER DIGEST Web

攻撃がほぼ空中戦を起点にしてくる相手はこれが初めてだった。

 辛くも1-1で引き分けたゴールデンウィークのホームゲームが示唆するのは、「今後も注意せよ」という教訓なのか、「まだまだ自分たちの問題だ」という反省なのか。
 
 田中マルクス闘莉王とケヴィン・オリスというJ2どころかJ1でも脅威になりそうなパワフルな京都のツートップに苦戦しきりだった名古屋の姿を冷静になって俯瞰した時、それは後者のように思える。
 
 楢崎正剛をして「あの2トップはズルい」と言わしめた京都のハイタワー戦術は、確かに名古屋を苦しめた。
 
 闘莉王のエアバトルの強さは言うまでもなく、オリスにしても「難しいヘディングもいやらしいところに落としてくる」(酒井隆介)と、競り合いの強さだけでなく上手さも兼ね備えた曲者だった。
 
 彼らを目がけてボールを送ればチャンスが生まれるとあらば、京都にとってはピッチ内すべてがチャンスエリアだ。「理想を言えば出所を押さえる、ですけど全部は無理。だから最終ラインでしっかりやろうと話していました」と櫛引一紀は疲れた顔で振り返る。
 
 攻撃がほぼ空中戦を起点にしてくる相手はこれが初めてで、跳ね返してもこの日の名古屋はミスが多く、すぐにまたロングボールやクロスがゴール前に返ってくるような展開のままにリードを奪われた。
 
 オリスのFKは見事としか言いようのないものだったが、良い位置でFKを取られるというのは劣勢の証拠だ。
 
 しかしながら、京都が奪った得点はそのオリスの1点のみだった。空中戦ではほぼ全勝に近い猛威を振るった“ズルい2トップ”だが、京都の攻撃としては名古屋の守備陣がほぼ抑えたとも言えるわけである。
 
 酒井は「それしかなかったから、守りやすかった部分がある」とも語っており、守備面で決壊した局面としてはそれほど多くはなかった。
 
 では、なぜ劣勢に陥ったかと考えた時、それは単純なミスの多さに起因する部分が大きかったように思える。
 
 京都はGKからのつなぎを牽制しつつ、基本的にしっかりとリトリートして守備を固めてきた。とはいえ、名古屋が苦戦したのはそこ以上に、自らリズムを崩すパスミスが多かったからである。

【PHOTO】美女揃い!Jクラブ応援番組のMC&レポーターたち♥

1/2ページ

最終更新:5/4(木) 18:39
SOCCER DIGEST Web