ここから本文です

ガンバからついに取り払われた聖域。遠藤保仁、定位置奪回はなるのか。

Number Web 5/4(木) 11:31配信

大宮戦の大勝を受けて、マリノス戦も遠藤を控えに。

 チーム状態が下降気味になったと感じた長谷川監督は打開策を打った。

 そのタイミングが大宮戦だった。

 開幕戦以来の4バックに戻し、アンカーに井手口を置き、インサイドハーフには藤本淳吾と泉澤仁を置いた。選手が溌剌とプレーし、6-0と大勝した。

 その試合とほぼ同じ面子でマリノスに挑んだのは、大宮戦で結果を出した選手への期待とシステムへの自信があったからだろう。

 前半は相手の慎重な戦い方に付き合う形で、攻撃がまったく機能しなかった。動きが出たのはアデミウソンと長沢駿が入ってからだ。そこで堂安律のゴールが生まれたわけだが、本来であればここから畳み掛けて一気に試合を決めるのがガンバのスタイルだ。

 ところが相手の圧力に防戦一方になり、流れを変えられない。

 そういう時こそ、ゲームメークできる遠藤が生きてくる。

 だからこそ交代カードのラスト1枚は、遠藤かと見られた。だが、長谷川監督は丹羽大輝を投入。3バックにして守備を固めた。

 遠藤は、出番を失った。

倉田、井手口、堂安の成長も大きな要因ではある。

 遠藤は、このまま控えに甘んじてしまうのだろうか。

 チーム内には「ヤット信者」が多い。類まれな戦術眼と技術の高さを持つ遠藤を見て学ぶ選手が非常に多く、選手からは絶大な信頼を置かれている。

 だが起用法を見ていると、遠藤が絶対的な選手ではなくなってきているのが見て取れる。

 それは遠藤自身の課題もあるが、日本代表に入った倉田、若手の井手口、堂安らの成長が著しいことも大きな要因として挙げられる。

柏戦のような、気迫のこもったプレーを見せられるか。

 また、堅守速攻を標榜する長谷川監督の求めるものと、遠藤が生きるスタイルには開きがある。もちろん選手は監督の求めるサッカーを具現化すべくプレーするのが当然だが、遠藤にも長年ガンバで築いていたDNAを継承していきたいという思いがあるはずだ。

 長谷川監督は、その考えを理解しているからこそ今回の決断に悩んだと思う。

 その選手が長年クラブに貢献し、活躍してきた選手であれば当然、起用に気を使うことになる。だが、監督が求めることに対して応えられていないと判断した場合、いつ、ベンチの決断をするのか。これは、遠藤のようなレジェンドを抱えているクラブが直面する課題でもあるが、長谷川監督は勝つために他の選手を選択した。キャプテンである遠藤を外して、チーム内に厳しさを見せた。これを見て、何かを感じない選手はいないだろう。

 何より、2試合2勝という結果を出している。

 遠藤という不動の領域にメスを入れ、ガンバに聖域がなくなった。

 今までの遠藤ではレギュラーを奪取するのは困難になる。必要なプラスアルファを身に付けて、ピッチで違いを証明していかなければならない。そのひとつの基準となるのが3月5日、柏戦でのプレーだ。あれだけ気迫のこもったプレーを見せれば長谷川監督もスタメン起用に躊躇しないはずだ。

3/4ページ

最終更新:5/4(木) 11:31

Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

927号
5月18日発売

定価590円(税込)

ダービージョッキー最強伝説。

武豊×M・デムーロ「やっぱりダービーは格別だ」
四位洋文&ウオッカ/池添謙一&オルフェーヴル/川田将雅&マカヒキ ほか