ここから本文です

トリンドルと対峙した剛力が待機児童問題を一刀両断!

5/5(金) 10:00配信

ザテレビジョン

5月5日(金)に第3話が放送されるドラマ「女囚セブン」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)では、主人公・琴音(剛力彩芽)が待機児童問題に斬り込む。

【写真を見る】ドラマの雰囲気とは打って変わって撮影の合間は和気あいあい!

同ドラマは、殺人罪という無実の罪をかぶった謎多き京都の芸妓(げいこ)・琴音が女子刑務所で激しいバトルを展開する。女囚たちから壮絶なイジメを受けながらも、毎回女囚たちをやり込め、最後にはひとりずつ懐柔していく琴音の痛快な啖呵も話題となっている。

第3話では、琴音と同室で服役中の“元ヤン・シングルマザー”の市川沙羅(トリンドル玲奈)と琴音が対峙する。沙羅はロクに働きもせず育児放棄する夫から娘を守ろうと殺人を犯しており、娘に会いたい気持ちに付け込まれて琴音を陥れる刺客となってしまう。

そんな緊迫した様相を呈する第3話となっているが、ペンキを塗る作業のシーンのオフショットも公開。互いの顔にペンキを塗ってじゃれ合ったり、カエルを見つけてみんなではしゃいだりと楽しそうな様子を見せていたが、物語はどのような展開を迎えるのか…!?

琴音は沙羅がシングルマザーとして抱える苦悩や葛藤をすべて見透かし、鋭い喝を入れる。現在日本が抱える待機児童問題を一刀両断した琴音に、沙羅はどんな思いを抱くのか…?琴音と沙羅の対決がどんな変化を見せるのか、見逃せない。

【第3話(5月5日)あらすじ】

ダンス大会以降、やや距離が縮まってきたような雰囲気の琴音(剛力)と桜子(平岩紙)、そして奈津(安達祐実)。

そんなある日、琴音は沙羅(トリンドル)が刑務所内で“美容師の国家試験”を受けるという話を耳にする。普段は粗暴なのに、美容師訓練だけは真剣に取り組む沙羅。育児ノイローゼから夫を殺し、その結果娘の養育権も失ってしまっていた彼女は、「国家試験に合格できたら刑務所に娘を呼び、髪を切ってあげる」という約束を、刑務所長の恩田(池内万作)と交わしていたのだ。

そしてついに迎えた試験当日。結果を心配する桜子たちをよそに、沙羅は手応え十分で部屋に戻ってくる!

一気にテンションが上がった女囚たちは、沙羅の試験がうまくいったことを祝い、うめ(木野花)が独自に製造したどぶろくでコソコソと祝杯をあげる。だがその最中、刑務所内に突然緊急放送が鳴り響く! どぶろくが見つかったのかと共同室内は大騒ぎに!

しかし刑務官たちが探していたのは、なんと美容室から紛失した“はさみ”だった。そんなものが所持品から見つかれば、懲罰になることは必至。身に覚えのない7人はおとなしく共同室の中を検査させるが、あろうことか琴音のスーツケースの中からはさみが見つかり、百目鬼(宍戸美和公)によって琴音は懲罰房へと連行されてしまう!

残された奈津らは、誰かが琴音をハメたのではないか、と考える。すると沙羅が、娘を刑務所に呼ぶための条件を百目鬼から提示されていたと打ち明け…?

一方、懲罰房に閉じ込められた琴音は、みずからの冤罪事件に関わる“黒革の手帳”の秘密を話すよう、ネチネチと拷問を受けることに…!

最終更新:5/5(金) 10:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)