ここから本文です

戦隊ヒーロー登場!「パワーレンジャー」特別映像と最新ビジュアル解禁

5/5(金) 12:00配信

ザテレビジョン

“メイド・イン・ジャパン”のヒーローをハリウッド総製作費120億円の圧倒的スケールで描く、7月15日(土)に公開の「パワーレンジャー」。このたび、スーパーヒーロー戦隊も続々登場する、90秒で分かる特別映像“パワーレンジャーのすべて!”が公開された。

今年放送24年目に突入するテレビシリーズの記念すべき1作目の主題歌で、映像内でも使用されている「GO GO POWER RANGERS THEME」にちなんで5月5日(金・祝)に解禁。そして、レッド、ピンクほか5人のレンジャーのスーツ姿が印象的な最新キャラクタービジュアルも公開された。

「パワーレンジャー」は、1993年9月に全米で放送開始され、日本の特撮シリーズ「スーパー戦隊」をベースにしたスーパーヒーロー作品。

戦隊アクションや巨大ロボット戦などの日本の特撮シーンと、外国人キャストで新たに撮影されたドラマシーンが融合したこのシリーズは、「恐竜戦隊ジュウレンジャー」をベースに誕生した1作目「マイティ・モーフィン パワーレンジャー」がアメリカで放送開始されると同時に社会現象になるほどのかつてない大ヒットを記録した。

以降、日本のスーパー戦隊に準じた新シリーズが毎年発表され、アメリカでは作品認知度93%という驚異の数字をたたき出し、さらには世界160カ国で放送されるなど、現在も世界中のファンを魅了し続けている。

今回解禁された特別映像の冒頭では、記念すべき1作目「マイティ・モーフィン パワーレンジャー」のメンバー5人の貴重な映像を見ることができる。

「すべてはこの5人から始まった」とある通り、日本のスーパー戦隊ヒーローがアメリカで生まれ変わり、放送開始から24年にわたって劇場作品2作を含む全28作を抱える人気シリーズとして愛され続けてきた歴史を感じさせる内容となっている。

さらに「侍戦隊シンケンジャー」をベースにした「パワーレンジャー SAMURAI」や、「獣電戦隊キョウリュウジャー」をベースとした「パワーレンジャー DINO CHARGE」など、日本の特撮シーンを交えながらもアメリカで進化を遂げてきた「パワーレンジャー」ならではの変身シーンやバトルシーン、巨大ロボの登場シーンなど誰もが一度は目にしたことがあるおなじみのシーンが次々と登場。

後半で描かれるのは、今年新たにハリウッドアクション超大作として生まれ変わった最新作、映画「パワーレンジャー」の本編とシリーズ1作目の主題歌「GO GO POWER RANGERS THEME」との奇跡のコラボが実現した映像だ。

「パワーレンジャー」ファンにも戦隊ヒーローファンにもたまらない演出となっている。

また解禁されたキャラクタービジュアルで描かれるのは、オリジナルへのリスペクトを踏襲しながらも新たなビジュアルを手にした5人のパワーレンジャーの姿。

ハリウッド最新技術によりさらなる進化を遂げ、7月15日(土)には満を持して日本へ凱旋する本作が、この夏、旋風を巻き起こしそうだ。

最終更新:5/5(金) 12:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)