ここから本文です

勝利の原動力は鹿島の小笠原とL・シルバ 浦和の“武器”を寸断「したたかに戦えた」

5/5(金) 7:30配信

Football ZONE web

鹿島のダブルボランチが浦和の2シャドーの出入りに対して完璧に近い応対

 鹿島アントラーズは4日のJリーグ第10節で、首位の浦和レッズに対して敵地で1-0の勝利を収めた。リーグ最多得点を誇る浦和攻撃陣を枠内シュート1本に封じ込めた原動力は、浦和の武器を寸断したダブルボランチにあった。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 浦和は1トップにFWラファエル・シルバ、2シャドーにFW興梠慎三とFW武藤雄樹が構える布陣でスタートした。一方の鹿島は、MF小笠原満男とMFレオ・シルバがダブルボランチを構成して迎え撃った。

 浦和の攻撃がスピードアップするのは、GK西川周作を交えた最終ラインでのボール交換から、2シャドーに縦パスが入った瞬間が多い。一人がボールを引き出し、一人が裏に抜ける、あるいはフリックパスを受けるポジションを取り、3人の連係で中央のマークをズラしてしまう。そこに意識が集まり過ぎたタイミングを見計らい、大きなサイドチェンジでドリブラーを生かすという攻撃の形を生かし、公式戦15試合で44得点を奪ってきた。

 しかしこの日は、鹿島のダブルボランチが2シャドーの出入りに対して完璧に近い応対を見せた。植田直通と昌子源のセンターバックコンビに加え、ボランチの一人が最終ラインに入り、シャドーが受けに降りたサイドのボランチは確実に潰しに出る。左右で出入りする対応を何度も繰り返していれば、両者が出てしまう瞬間や両者が遅れて前を向かれる瞬間が頻発するものだが、そのオートマチズムが崩れなかった。

L・シルバ「相手の狙い消すことができた」

 鹿島の石井監督は「そこが、浦和さんとやる時はかなり重要なポイントになっていると思いますし、そこのコミュニケーションは、非常に良かったと思います。守備をする時間が長いとそこが崩れがちになるところだと思うのですが、辛抱強く、上手くコミュニケーションを取りながら、対応してくれたと思っています。交代して入った選手も、それをしっかり理解しながら、プレーしてくれたのではないかと思っています」と、戦前の狙い通りであり、その狙いを崩さずにプレーした選手たちを称えた。

 L・シルバも「この試合は高い集中力をいかに持続できるかだった。お互いに話しながら、完璧ではないにしても相手の狙いを消すことができたと思う。確かに首位のチームで、ほとんどの試合で得点しているチームに無失点だったことは、守備組織について自信は深まる」と手応えを口にした。

 さらに、アルビレックス新潟時代のチームメートでもある浦和のラファエル・シルバについては「彼の武器はスピードであって、ヨーイドンでは彼が絶対に勝つ。そうならないように経験値を生かしてショートカットして対応することもできた。彼と対峙した場面ではある程度、制することができたと思う」と話し、相手の得点源を封じ込めたことに満足感を示した。

効率的な戦いを見せた鹿島

 双方ともにシーズン開幕からAFCチャンピオンズリーグも戦い、負荷の高いゲームを繰り返してきた。そうしたなかここ数週間で気温も一気に上がり、互いに中3日の連戦という環境だっただけに、小笠原は「連戦と暑さはこの試合の要素。したたかに戦えた」と、効率的な戦いを見せて勝利できたと話した。

 浦和は攻撃に変化をつけるMF柏木陽介が負傷欠場したこともあり、意外性のあるパスは少なかった。それでも、浦和の2シャドーがバックパスを選択せざるを得なくなり、スピードアップできなかったのは事実だ。経験豊富な鹿島のダブルボランチは、首位決戦を制する大きな力になっていた。

轡田哲朗●文 text by Tetsuro KUTSUWADA

最終更新:5/5(金) 7:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ