ここから本文です

普通の旅行写真に写った「クローン人間」を探せ

5/5(金) 9:00配信

WIRED.jp

一見、リゾート地を写した風景写真に見えるが、そこにいる群衆は同じ人間をコピペしたものだ。マシュー・ベルナール=レイモンドがとらえた写真の向こうにストーリーがないからこそ、見る者はより一層混乱してしまう。

続・これら20枚の写真には「スナイパー」が隠れています

マシュー・ベルナール=レイモンドの作品は、一見普通の風景写真に見えるかもしれない。だがよく見ると、何かがおかしなことに気づく──この写真のなかにいる人々は、すべて同じ人を“コピー”したものなのだ。ベルナール=レイモンドは、彼の作品「Intervals」において、普通の風景に見せかけて、われわれの目を欺く。

「写真のなかには、あり得ない状況が存在しているものもあります。例えば、2人の人物が向き合っていて極めて近い位置にいるのに、一方で(同じ人物が)別の方向へ歩いていたりするのです」と彼は話す。「これは、矛盾した状況をつくり出そうとしたときに得られるシュールな結果のひとつです」

彼はフランスやスペイン、ポルトガル、スイス、日本をまわって撮影を行った。中判カメラをセットしたあとはただその場で“岩のように”じっとして、人々が通りがかる様子を同じアングルで同じ距離から何枚か撮影する。1時間撮り続けることもあれば、2~3分で済むこともあった。

現像室へ戻ってから彼はネガフィルムをスキャンし「Photoshop」で画像を繋ぎ合わせる。クローズアップの写真は大体2~3枚の画像で構成されているが、多くの人物が写り込む遠景の作品には40枚もの画像が使われている。その結果、方向性は失われ、混乱が引き起こされる。人々は時間を超えて画面に現れるが、そこにストーリーが生まれそうになったところでその人物は消えてしまうのだ。

「わたしたちは写真のなかの人々が“クローン”だと気づいた途端、その人の行動からストーリーを読み解こうとします。でも、そのストーリーの終わりまで行き着くことはできないのです」と彼は語る。

ベルナール=レイモンドは湖や浜辺、山などリゾート地で撮影を行った。そうした場所ならば人々は景色の一部となり、景色を大きく変えてしまうようなことはないからだ。写真にはそれぞれの人物が泳いだり、スケートボードをしたり、スキーをしたりする姿が写っているが、ベルナール=レイモンドが面白いと感じたのは、人々がまさしく彼自身と同じこと──風景を観察すること──をしているのを写真がとらえているということだ。

「これは一種の閉ざされた環境です。写真家であるわたしと風景との関係と、被写体の人々と風景との関係性には、多くの類似点があります」と彼は語る。

TEXT BY JORDAN G. TEICHER

最終更新:5/5(金) 9:00
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。