ここから本文です

見知らぬ女性に一目ぼれ、手がかりは「スニーカー」!?

5/5(金) 11:10配信

コスモポリタン

かぼちゃの馬車に乗ってお城の舞踏会に行くとか、そこで落としたガラスの靴を手がかりに王子様が見つけ出してプロポーズしてくれるとか…。

週5で出会いまくってみたinイタリア【リアルストーリー】

“おとぎ話“っていうのは、現実世界には起こり得ないから“おとぎ話“なのだが…コスモポリタン イギリス版によると、サウス・ロンドン出身の男性ジェイ・ブリーンさん(32歳)は、自身に起きた出来事を、現代のシンデレラ物語と信じ込んでしまったらしい。

ある日ジェイさんは相乗りタクシーを利用したのだが、そこで運命の女性との出会いが! 名前も知らない、連絡先もわからない、見知らぬ女性に一目惚れをしてしまったという。しかも、その彼女がタクシーの車中に片足の靴を忘れていき…ジェイさんは、この出会いを運命だと確信して、彼女を見つけ出そうとしているのだとか。

「ヒースロー空港からKabbeeに相乗りしたイケてる女の子が靴を片方置いていっちゃったけど、彼女の電話番号も知らないんだよね」

片足だけ靴を脱いでタクシーを降りる人なんているか?  しかも、そのスニーカーって、ナイキのトレーニングシューズだし…とか、ツッコミどころは満載だけど、ここまでの話の筋としては、確かにディズニーのおとぎ話によく似ている。

一方で、ジェイさんがその日利用したタクシー会社<Kabbee>は、彼が女性を探し出そうとしているという情報を得ると、シンデレラ探しに一役買って出たそう。アプリサービスの利用者にTwitterで情報を呼びかけたり、メールを送ったりしたらしい。

もしどなたかこのスニーカーに心当たりがあったら、ジェイさんに連絡してあげてください。ロマンスに発展するかどうかは別として、せめてナイキのシューズだけでも戻ってきてほしい…でしょ?

※この翻訳は、抄訳です。

最終更新:5/5(金) 11:10
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。