ここから本文です

「ボーイング737」が9日でつくられるまで

5/5(金) 11:10配信

WIRED.jp

世界で最も普及する航空機のひとつ「ボーイング737」。米ワシントン州にあるその生産工場では、この機体がわずか9日間でつくられるという。ますます需要の高まるボーイング737の製造過程を、動画で紹介しよう。

わずか9日間で機体完成!ボーイング737の製造過程を動画で

飛行機で旅をする人なら、大抵は「ボーイング737」に乗ったことがあるはずだ。耐久性が非常に高いこの航空機は、商用飛行の3回に1回は利用され、世界で常時およそ2,000機が飛行中だという。

これらの飛行機はいずれも、シアトルに近いワシントン州キング郡にあるボーイングのレントン生産施設で生み出される。この施設では、1機のボーイング737がわずか9日間でつくられるのだ。

約10万2,000平方メートルの面積をもつこの施設は、一月に42機のペースで機体を製造しており、世界で最も効率のよい飛行機工場だとボーイングは主張している。

ボーイングは、最大の競合相手であるエアバスとの激しい競争に直面している。737はこれまでに最もよく売れているジェット機であり、1967年の導入から9,000機以上が納入されているが、「エアバスA320」も負けていない。1984年に製造が開始されて以来、エアバスA320は約6,700機が納入されている。

格安航空会社や中国の航空会社から根強いシングルアイル機(通路が1本の航空機)の需要があり、両社とも生産数を増やしている。エアバスは、2019年までに一月60機を製造する計画だという。

ボーイングでは、2017年には月あたり47機を製造し、2019年にはその数を57機まで増やす計画だ。その方法を突き止めるべく、『WIRED』US版は、改装・拡張されたレントンの工場を訪問し、737が製造される様子を見せてもらった。

JACK STEWART

最終更新:5/5(金) 11:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。