ここから本文です

ユナイテッドがC・ロナウドの買い戻しに動く可能性浮上 英紙「獲得は悲願」、莫大な資金投入も

5/5(金) 12:50配信

Football ZONE web

ウッドワード副会長が毎年のようにC・ロナウド獲得に動く

 マンチェスター・ユナイテッドは今季終了後に2009年に放出したレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを買い戻しに動く可能性が急浮上している。英地元紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」が「マンチェスター・ユナイテッド、クリスティアーノ・ロナウドの獲得はエド・ウッドワードの悲願」と報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 潤沢な資金力を誇るユナイテッドは、毎年莫大な補強費を投じてメガスターを獲得している。そんななか、ウッドワード副会長が毎年のように獲得に動いているのはロナウドだという。

 稀代のゴールマシーンは、今季UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦のバイエルン・ミュンヘン戦、準決勝第1戦のアトレチコ・マドリード戦で2試合連続ハットトリックを成し遂げ、さらに評価を高めている。

 デイビッド・モイーズ元監督も4年前にユナイテッド監督就任時に「ウェルカム・ギフト」として獲得できると信じていたというロナウドだが、「ウッドワードにとっては、4度バロンドール受賞者をホームに凱旋させ、ニューヨーク株式市場のユナイテッドへの投資家にもたらすことは夢だ」と報じられている。

 そして、レアルが放出の動きを見せるなか、「ユナイテッドはロナウド獲得のためにいかなる必要なものを支払う」と記事では断定。無制限の資金を投入する構えだという。

グリーズマンはC・ロナウドより格下

 ジョゼ・モウリーニョ監督はアトレチコのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン獲得に8600万ポンド(約125億円)の違約金の支払う方針を固めているが、レアル公式戦400ゴールを達成したロナウドと比べて「完全に格が違う」とグリーズマンを格下としている。かつてレアル・マドリードで活躍した元イングランド代表MFスティーブ・マクマナマン氏は「もしも、グリーズマンに1億ポンドの価値があるなら、ロナウドは2億ポンドだ」と絶賛している。

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ以外のいかなる補強も「ロナウドに比べて格下」とまで特集では断定されている。

 ユナイテッドの補強費に上限はない。レアル時代のモウリーニョ監督との確執も浮上したロナウドは、再びオールド・トラッフォードに凱旋するのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/5(金) 12:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ