ここから本文です

吉田がサウサンプトン「会長賞」を受賞! クラブも「チームを率いる役割担った」と高評価

5/5(金) 14:30配信

Football ZONE web

今やリーダーとしての風格を漂わせる吉田にテリー・ペイン名誉会長選出の「会長賞」

 今季日本人として初となるプレミアリーグ100試合出場を果たしたサウサンプトンの日本代表DF吉田麻也がクラブの表彰式で会長賞を受賞した。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 サウサンプトンは今季、活躍した選手などを表彰する「プレーヤー・アウォード」を4日に開催。今季の活躍ぶりが評価された吉田は、テリー・ペイン名誉会長が選出する「会長賞」を受賞。クラブ公式サイトは今やリーダーとしての風格を漂わせる吉田の受賞を報じている。

「日本代表はフィルジル・ファン・ダイクの不在により、セインツ(サウサンプトンの愛称)のバックラインでチームを率いる役割を担った。そして先日のハル・シティ戦に出場し、プレミアリーグ100試合出場を果たした」

 吉田は序盤戦にカップ戦要員と化していたが、冬の移籍市場でレギュラーCBの一人だった前主将DFジョゼ・フォンテがウェストハムへ移籍し、もう一人のレギュラーだったファン・ダイクも負傷離脱したことで状況が一変。経験の浅いDFジャック・スティーブンスをリードしながら、最終ラインを支えた。プレミアリーグの試合でも初めてキャプテンマークを巻いてプレーするなど、すっかりチームに欠かせない存在となっている。

年間MVPとベストゴールは…

 そのほか、バルセロナ下部組織出身のスペイン人MFオリオル・ロメウがチームの年間MVPに相当する「プレーヤー・オブ・ザ・シーズン」と、ファン投票で決定した年間MVP「ファンズ・プレーヤー・オブ・ザ・シーズン」を同時受賞した。

 最も優れたゴールに送られる「ゴール・オブ・ザ・シーズン」は、昨年10月26日のリーグカップ4回戦サンダーランド戦(1-0)でMFソフィアン・ブファルが決めた鮮やかなミドルシュートが選ばれた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/5(金) 14:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新