ここから本文です

那須と阿部のベテラン2人が暴言行為の森脇に苦言 「早くプレーを再開するべきだった」

5/5(金) 21:10配信

Football ZONE web

騒動の際に森脇を引き離した那須は「『早くやれ』ということのみ」

 浦和レッズのDF森脇良太が、4日の鹿島アントラーズ戦で暴言を吐いたことで騒動になったが、チームメートのベテラン2人は「負けている状況なので早くプレーを再開するべきだった」と森脇に苦言を呈した。

【動画】物議を醸している「浦和vs鹿島」のハイライト(YouTubeJリーグ公式チャンネル)

 問題になったシーンは後半33分だった。浦和のDF槙野智章が自陣コーナー付近でボールをキープした鹿島MF土居聖真と競り合い、そこにFW興梠慎三がサポートに入る。主審が笛を吹き浦和ボールとなったが、判定後に興梠が土居を突き飛ばしたことに鹿島側が猛抗議し、両チームがもみ合いになった。最終的に興梠にイエローカードが提示されて事態は収まるが、その輪の中に小笠原満男、森脇、レオ・シルバもいた。

 そこで、小笠原と森脇の間でトラブルが起こった。言い争うような状態になったところを、森脇はチームメートのDF那須大亮に引き離されるようにして輪から外されている。その際、森脇が「口が臭い」と暴言を吐いたが、小笠原と森脇の間でそのターゲットが誰であったのかの主張が食い違っていた。森脇は小笠原に対するものとし、小笠原はL・シルバをターゲットにした「差別につながりかねない発言」と主張していた。

 その引き離した当事者である那須は、「あの時点で0-1だったわけですし、鹿島が上手く時間を使いたいのも理解できる。だから、『早くやれ』ということのみです。選手には勝つという目標があるわけで、それに比べればああいうのは小さなこと。すぐに再開した方が勝つ可能性は上がりますから」と、試合状況を考えればいざこざを起こしている暇はなかったはずというスタンスを明確にした。

阿部の言葉に森脇「もう、うなずくしか…」

 また、一夜明けてのトレーニングはクールダウンが中心になったが、森脇には主将のMF阿部勇樹が寄り添うように走っていた。森脇は阿部から掛けられた言葉について「『もったいないんじゃないか?』と言われました。ああいうカッとなることが良い方向にいくことはない。それよりプレーを早く始めた方が良いと言われました。もう、うなずくしかできませんでした」と明かしている。

 那須、阿部といった国際大会も含めて豊富な経験を積んできた選手たちは、あくまでも試合を勝利するために何が必要だったのかという観点で、森脇の行為を諫めていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/5(金) 21:39
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新