ここから本文です

昭和最大のミステリー「3億円事件」 発生直後に謎の自殺を遂げた“容疑者”少年

5/5(金) 8:00配信

デイリー新潮

■昭和最大のミステリー「3億円事件」時効直前“特捜本部”が勝負をかけた取調室(上)

「あれを犯人だと思わないやつは、刑事じゃない」――。昭和史に残る迷宮事件「3億円事件」。捜査を主導した刑事にこう言わしめた“容疑者”がいた。白バイ警官の息子で、発生直後に謎の自殺を遂げた当時19歳の少年だ。少年グループを追った極秘捜査の舞台裏に光を当てる。

 ***

 愁いを帯びた切れ長の目。すっと通った鼻筋。面長で色白の顔……。かつてこれほど、数多の人間の好奇の目に晒された面相があっただろうか。昭和40年代、その人相は社会に最も強烈な印象を植え付けた。モンタージュ写真として公表された、3億円事件の実行犯の容貌である。

「犯人は盗んだ車やオートバイを操り、巧みな運転でまんまと3億円を強奪した。だから私は最初から、“自動車やバイクを乗り回せて、窃盗の犯罪歴のある奴を探せ。免許の有無なんて関係ない。多摩地区に土地鑑があり、これに該当する素行不良者を徹底的に調べれば、ホシは必ず挙がる”と言い続けたんです」

 事件は昭和43年(1968)12月10日に発生した。当時、警視庁刑事部捜査一課で第七係長を務め、多くの殺人事件の捜査を手がけてきた鈴木公一・元主任警部。すでに多くの同僚が鬼籍に入っている。事件から50年近い歳月を経て、重い口を開いた彼の言葉には、今もなお無念の思いが滲んでいた。

 発生直後から府中警察署の特捜本部に入った彼は、すぐにある少年に着目したという。事件2日後、少年の自宅のある国分寺市を管轄する小金井警察署から、

〈傷害等の検挙歴のある少年がおり、普通自動車と自動二輪(オートバイ)の免許を持っている。父親が交通機動隊員(白バイ隊員)で、白バイにも詳しい〉

 という「注意報告」が特捜本部に寄せられたのだ。

■自死した少年

 同じ頃、鈴木元主任警部の配下の刑事も、聞き込み捜査で同様の情報を得ていた。19歳の少年・佐伯徹(仮名)は、車やバイクの窃盗を繰り返す、立川グループという地元の不良グループのメンバーで、恐喝や傷害で何度も逮捕されていた。事件の年の9月、少年鑑別所から別の矯正施設に移送される途中、脱走。その後も、国立市内で傷害事件を起こし、逮捕状が出ていた。

「不良を探すという私の捜査方針を、捜査一課長だった浜崎仁さんは是としてくれました。そんな中で、佐伯少年が、重要参考人として浮上したわけです」(同)

 12月14日、鈴木元主任警部が率いる「佐伯少年捜査班」は、少年が自宅に潜伏していると踏み、佐伯宅への張り込みを始めた。

「同じ日、私は、立川署や小金井署など、現場周辺の第八方面本部の各所轄の刑事課長を集めた会議で“逮捕状が出ているようだが、所轄はこの少年に手を出さないでほしい”と要請した。しかし、それが周知徹底されていなかったんだ」(同)

 不測の事態が発生するのはこの翌日、15日のことだ。傷害容疑で逮捕状を取っていた立川警察署の刑事たちが佐伯宅を訪問してしまったのだ。この時、父親は仕事で不在。応対した母親に、刑事たちは、息子がいるかどうか尋ねた。少年の部屋からレコードをかける音が聞こえており、彼がいることは間違いない。しかし、母親は「息子はいません」と、答えている。そのまま立川署の刑事らは引き揚げた。

「父親が帰宅したその日の夜、父子が大喧嘩する声が近所で聞かれています」(元捜査一課の刑事)

 そして深夜、突如、佐伯少年は青酸カリを飲み、自死を遂げてしまったのである。特捜本部の刑事たちが受けた衝撃は凄まじかった。

1/2ページ

最終更新:5/8(月) 13:03
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。