ここから本文です

セミロングをもっとステキに!パーマをかけずとも、ハイライトで立体感をプラス!

5/6(土) 12:01配信

OurAge

鎖骨下10cm、バストより上の長さがあるセミロングヘアの高村千歳さん(主婦)。
「軟毛で細い髪質。さらに大きくうねるクセが出てきたため、ハチ下がうねりつつ広がり、まとまりにくい。でも前髪はつぶれてしまう」という髪の悩みを持っている。

そこで、年齢を感じさせない成功セミロングを、人気ヘアサロンが提案。「kakimoto arms JIYUGAOKA-CREO(カキモトアームズ 自由が丘クレオ店)」の八木典子さんがカット、守隨千晴さんがカラーを担当。専門家ならではのアドバイスをしてくれた。

◆プロからの提案
ハイライトカラーを入れることで、パーマをかけずとも立体感をプラス!

「つぶれる前髪やトップにはレイヤーを仕込み、ボリュームを出しやすく。毛先は厚みを残してカット。パーマはかけず、全体をリバース巻きにスタイリングして」(八木さん)

カラーは、顔まわりと衿あしに明るめブラウンのハイライトを入れたそう。
「巻くことでカラーが引き立ち、華やかさと立体感が出ます」(守隨さん)

最終更新:5/6(土) 12:01
OurAge