ここから本文です

【浮気事件簿】キツネ目の妻が帰宅恐怖症の夫の勤務先に怒鳴り込み!露呈した嘘だらけの日常

5/6(土) 10:01配信

Suits-woman.jp

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細について、多くは語られないものです。気になるその詳細を美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回の依頼者は、誰もが知る一流企業に勤務をしている須賀芳江さん(34歳・仮名)。彼女は結婚5年になる旦那様がここ1年間ろくに家に帰ってこないということで、私達に調査を依頼してくださいました。

昼の3時にかかってきた依頼の電話も理路整然としていました。大抵、みなさん取り乱して電話をしてくることが多いのに、とにかく冷静。”5分前に簡潔に概要をまとめたメールを送りましたのでご確認ください”と言い、電話は切られました。

それにはパワーポイントのファイルが添付されており、表紙には「須賀真一郎 資料」とありました。広告代理店が作成するプレゼンシートのようです。ファイルを開くと、取材対象者の生い立ちや出身大学、服の好みが簡潔にまとめられていて、旦那様を前後左右から撮影した写真、交友関係、実家の場所と両親の顔写真なども貼り付けられていました。その内容は的確で、かゆいところに手が届くような仕事っぷり。探偵家業を10年以上続けていますが、パワポで調査対象者の概要を送ってくださった方は初めてです。

後に分かったのですが、彼女は私大の名門をトップクラスの成績で卒業し、有名企業の営業職として手腕を発揮。役員候補として嘱望されているという、超キャリアウーマンでした。ちなみに、旦那様とは大学で知り合ったそうです。

面談はその資料を見ながら進めたいということで、2日後に依頼者・芳江さんがカウンセリングルームに来るのを待っていました。

約束の18時30分丁度に、カウンセリングルームのインターホンが鳴りました。芳江さんは、トレンチコートに黒のパンプス、紺色のシャツワンピースを着ていて、どれも高価そう。思わずどこのものかを聞いてしまったら“有名なファストファッションのものなんですよ”と笑顔で即答。

口は笑顔でも、切れ長の目は全く笑っていません。細面で鼻が高く、おでこが広く、聡明を絵にかいたような美貌。ほっそりとした手にはパープル系のグラデーションネイルが施され、アクセサリーは左手の薬指のみ。時計はフランスの宝飾ブランドの有名なモデルです。バッグはドイツの質実剛健ブランドのものでした。

1/2ページ

最終更新:5/6(土) 10:01
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。