ここから本文です

『寺門ジモン』セレクト! 東京の絶品ステーキ【エイジング肉編】

5/6(土) 15:10配信

エイ出版社

熟成肉の絶品ステーキを堪能!

今やすっかり定着した感のある「熟成(エイジング)肉」。これを看板に掲げるお店も珍しくないが、だからこそ本当においしい熟成肉を出すお店が知りたい! ……そこで今回は「エイジング肉編」と題し、熟成肉の絶品ステーキが食べられる東京のステーキハウス&レストランをお届け。芸能界きっての肉通・寺門ジモンさんが絶賛する必食の一品とは!?

希少な池田牛をエイジングで堪能できる「キッチャーノ」

肉料理をメインとしたコースのみを提供するイタリアンレストラン。一切の妥協なく探し求めた肉を、ドライエイジングなど肉に合った手法で調理している(写真上)。ジモンさんのイチ押しは、北海道産池田牛イチボ肉の炭火焼(2名からのコース価格で200g 1万3400円から)。産地以外では全国で数店にしか卸されていない希少な牛を3.5℃でエイジングし、備長炭でグリルしたもの。(写真中央)

表面カリッ、中しっとりの焼き加減もさることながら、胃袋を刺激する熟成肉特有の香りは最高の一言(写真下)! お好みで赤タマネギのソースやバルサミコ酢、燻製塩などをつけて味の変化を楽しむのも◎。

●CHICCIANO(きっちゃーの)
住所:東京都港区赤坂3-13-13 赤坂中村ビルB1
営業時間:ランチ 平日11:30~14:30(14:00L.O)
ディナー 月~土曜・祝日18:00~23:00(21:30 L.O.)
定休日:日曜
TEL:03-3568-1129
http://www.m-onecafe.jp/chicciano/

本場の熟成Tボーンが味わえる「ウルフギャング・ステーキハウス」

ニューヨークの美食家たちを唸らす人気ステーキハウス「ウルフギャング・ステーキハウス」の日本1号店(写真上)。この店で扱っているのは、アメリカ農務省における肉の格付けで最高級とされる希少な“プライム”ランクの肉。それを28日ほどゆっくりとドライエイジングさせ、特製の高温オーブンで焼き上げている。

おすすめは、サーロインとヒレの2種類が楽しめる本格的なTボーンステーキ、STEAK FOR TWO(プライムステーキ2名用、1万7280円)(写真下)。サーロイン→ヒレの順に食べて、最後は骨についた肉に豪快にしゃぶりつくのがジモンさん流。本場のステーキの醍醐味、一度は体験してみたい。

●ウルフギャング・ステーキハウス 六本木店
住所:東京都港区六本木5-16-50 六本木デュープレックスM’s 1F
営業時間:11:30~23:30(22:30L.O.)
定休日:なし
TEL:03-5572-6341
http://wolfgangssteakhouse.jp

ご紹介した店舗は、味はもちろん、店内の雰囲気も最高! おしゃれなのに気取りすぎていないので、女子会やデートにももってこい。ワインやビール片手に熟成肉に舌鼓を打てば、会話もいっそう弾みそう。

(出典:『別冊Lightning Vol.163 ステーキ本』)

ヨシダ

最終更新:5/6(土) 15:10
エイ出版社