ここから本文です

桜の次は!都内のバラ園へ行こう!!

5/6(土) 9:10配信

エスクァイア

 まだ少し肌寒い日もあるものの、緑はいたるところでみずみずしく生い茂り、まさに春の盛りはすぐそこまで来ている今。桜はあっという間に儚く散ってしまったけれど、お次はバラで春を感じてみてはいかが?  
 
 ここでは都内とその近郊、ショートトリップ感覚で行けるバラ園をご紹介。お出かけリストに、ぜひ加えてみてください。なんだったら、今日いかがですか!?

【おすすめのバラ園の画像を見る!】

おすすめのひとつ、生田緑地ばら苑はいかがですか?

 都心からもほど近い川崎市最大の緑の宝庫、生田緑地の中にあるのが、この生田緑地ばら苑。 
 
 小田急向ヶ丘遊園の閉園にともない、園内にあったばら苑を存続を求める多くの市民の声に応え、2002年に川崎市が引き継いだものがここに移転したのです。 
 
 苑そのものは今年で59年という歴史を誇り、周囲を多摩丘陵の樹林地に囲まれ、360°の緑のパノラマと清々しい空気を満喫できる“秘密の花園”として親しまれています。 
 
 “吉報”を意味する深紅の「グラッド・タイディングス」、淡いアプリコット色が麗しい「サムシング・スペシャル」、繊細なフリルのような「マチルダ」など、533種、4700株ものバラがあふれんばかりに開花するさまは必見です。 

 なお、2017年5月11日(木)~5月28日(日)は一般開放され、期間中は講習会やミニライブも開催。忘れずに訪れておきたいところです! 
 
 
生田緑地ばら苑
住所/神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1
開苑時間/春季 10:00~16:30(月~金)、
     9:00~16:30(土・日)
     ※最終入苑 16:00
休苑日/無休
TEL/044・978・5270
  (生田緑地ばら苑管理事務所)
   ※開苑期間中のみ
URL/http://www.ikuta-rose.jp

ESQUIRE

最終更新:5/6(土) 9:10
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます