ここから本文です

ドライヴァーをだます「3D道路標識」は安全? それとも危険?

5/6(土) 15:00配信

WIRED.jp

3D道路標示は、路面に立体的に道路標示をプリントすることにより運転手に注意を向けさせる仕組みだ。だが、逆に運転手を驚かせて急ブレーキをかけたりしてしまい、かえって危険だという批判もある。

仕組み自体は新しいものではないが、その価値(と秘めたポテンシャル)に見合うほど、3D道路標示はいまだ普及していない。

インドでは、グジャラート州で2人の女性が実に驚くべき「横断歩道」を発表した。縞模様のごく普通の横断歩道は無視されがちだが、彼女たちの横断歩道はドライヴァーの目を錯覚させることで、存在感のある「障害」が目の前にあるように思わせるものだ。結果、ドライヴァーは周囲に注意を払い、スピードを落とすようになる。

この仕組みにはネガティヴな意見がないわけではない。例えば、カナダで学校の近くの道路に描かれたもののような極端な場合だ。ボールを追いかけて突然飛び出す少女が描かれているが、本当に突然飛び出してくるように見える。これにはドライヴァーが驚くあまり、急ブレーキを踏んだりハンドルを急に切ったりすることになると指摘された。とはいえ、実際に舗装において段差を設けるよりも、3D標識のほうがずっと経済的なのは事実だ。

また、ドライヴァーの安全にとっても効果はあるはずだ。死亡事故も含む自転車事故は、あまりに多くの犠牲者を出しており、イタリアにおいては、1日あたり死者9人、負傷者は688人というデータが出ている[ACI(イタリア自動車クラブ)とISTAT(イタリア統計研究所)の最新データによる]。

3D横断歩道を見てわたしの頭に最初に浮かんだことは、自転車ライダーにとっての安全性だ。このシステムは、自転車レーンをより理想的なものにしてくれるだろう。最も安全な自転車レーンとは、車道よりも高く盛り上げれられた自転車専用道だとよく言われるが、そのためのコストは高額で、実現するのにも比較的時間がかかる。その点、3D道路標示は素晴らしい代替となる。自転車レーンにクルマを駐車してしまうのを断つのにも有効だろう。

※ 以下のギャラリーは「だまし絵12選──人はなぜ、そう錯覚するのか」より。

TEXT BY MICHELA DELL'AMICO

最終更新:5/6(土) 15:00
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。