ここから本文です

お肉入りだからお腹満足!野菜たっぷりの豚しゃぶのサラダ5選

5/7(日) 11:30配信

東京ウォーカー

「サラダ」は野菜がもつ素朴な旨みを味わうことができますが、食べごたえが足りないからか、食卓では脇役に徹しがち…。今回はそんなサラダを主役級の料理に変身させる、豚しゃぶのサラダ5選をご紹介します。しゃぶしゃぶ用の薄切り肉なら野菜との相性もばっちりなので、お腹も大満足です。

「じゃがいもと豚しゃぶ、ほうれんそうのピーナッツサラダ」 レタスクラブニュースより

■ 【春野菜のビビンバサラダ】(299Kcal、塩分1.3g)

<材料・2人分>豚しゃぶしゃぶ用肉 100g、キャベツ 2枚(約120g)、グリーンアスパラガス 10本(約200g)、スナップえんどう 12個(約90g)、にんじん 小1/2本(約80g)、新玉ドレッシング(新玉ねぎ 1個[約150g]、みりん、ごま油 各大さじ1、酢、しょうゆ 各小さじ1と1/2、塩、こしょう 各少々)、塩

<作り方>

1. 新玉ドレッシングを作る。玉ねぎはすりおろして厚手のペーパータオルにのせて汁けを絞り、残りの材料と混ぜ合わせる。

2. キャベツは食べやすい大きさにちぎってボウルに入れ、塩適宜をふってよくもみ込み、約10分おいて水けを絞る。アスパラガス、スナップえんどうは順に熱湯でさっとゆでてざるに上げる。アスパラガスは根本のかたい部分を切り落とし、長さを半分に切る。スナップえんどうは半割りにする。にんじんは皮むき器で縦に薄く切る。キャベツは塩もみし、水けをしっかり絞る。かさが減り、最後までおいしく食べられる。

3. 豚肉は熱湯でさっとゆで、色が変わったらざるに上げる。器に2を盛り合わせ、豚肉をのせる。1をのせて、混ぜながら食べる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

スーパーや精肉店では“しゃぶしゃぶ用”として販売されている豚肉が大きく分けて2種類あります。ロースは脂肪部分に特有の香りがあるものの、味にクセがないのが特徴。また程よく脂肪がのっている肩ロースはロースほど価格が高くないので、節約したい時にぴったりです。



■ 【じゃがいもと豚しゃぶ、ほうれんそうのピーナッツサラダ】

ピーナッツのカリッとした食感がアクセントになります。粒マスタードと白ワインビネガーでちょっぴり大人な味つけに。



■ 【豚もやしのおかずサラダ】

豆もやしを使ったボリューム満点のサラダ。ヘルシーでしかもお財布に優しいので、良いこと尽くしです。



■ 【豚しゃぶのサルサラダ】

水菜やセロリなどたっぷりの野菜に、トマトの旨みが詰まったサルサソースをかけます。好みでタバスコをプラスしてピリ辛を楽しんでみて。



■ 【にん玉じゃがと豚しゃぶのおかずサラダ】

玉ねぎ・にんじん・じゃがいもという常備野菜を活用。濃厚なごまだれとからめて召し上がれ。



サラダに使用する野菜は少し大きめにカットするのがおすすめ。素材の食感が楽しめるとともに、噛む回数が増えるので満腹感が増します。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:5/7(日) 11:30
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

最高の休日を過ごしたい
シアワセを生む睡眠
パリ発の“紙”ブランドとは?
BEST of 美術展

Yahoo!ニュースからのお知らせ