ここから本文です

妊娠の記念に!妊婦さんの「マタニティアート」が話題

5/7(日) 22:10配信

コスモポリタン

丸く大きくなったお腹をキャンバスにしてペイントを施し、安産を祈願したり、妊娠中の思い出づくりとして広まりつつある「マタニティアート」。

【この記事のすべての写真】

日本でも、お腹の中で育つ赤ちゃんをイメージした可愛らしいデザインを選んで、プロに写真を撮ってもらう人が増えているよう。

マタニティアートがより一般的に広まっている欧米では、デザインもオリジナリティや個性溢れるものがいっぱい。そんな妊婦さんたちの力作を、コスモポリタン アメリカ版からご紹介します。

特に話題を呼んだのが、こちらの妊婦さん。アメリカのジョージア州在住のブロガー、ケイト・エングルミアーさんは、ペイントのテーマにスターバックスのロゴを選んだことにより、SNSで「かわいい!」と大絶賛を浴びることに。

ケイトさんいわく、「私らしいユニークなものがいいなと思っていたの。それで私に欠かせないものが何かと考えたとき、思いついたのがこれだったのよ」。大のコーヒー好きである彼女の生活に欠かせない場所=スターバックスだったというワケ。

人魚のロゴは友人にステンシルを使って描いてもらい、ペイントも自分たちで行なったのだとか。そして馴染みのスターバックスまで出掛けて、妹に撮影をしてもらったというケイトさん。

ケイトさんのようにお気に入りのロゴを描いて、大好きな場所で撮影するのも楽しそう!

インスタグラムで「#bellyartproject」を検索すると、他にもマタニティアートを楽しむママの写真がたくさん出てくるので、気になった人はぜひチェックしてみて。

※この翻訳は、抄訳です。

最終更新:5/7(日) 22:10
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。