ここから本文です

マツダが3列シートの新型SUV『CX-8』を年内に投入

5/7(日) 8:20配信

@DIME

マツダは、国内向け新世代商品としては初めての3列シート採用モデルとなる新型クロスオーバーSUV、『CX-8』を2017年中に国内で発売することを公表した。

『CX-8』は、マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用したマツダの新世代商品群の最新モデル。併せて同社の国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなる。

マツダの代表取締役社長兼CEO・小飼 雅道氏は、今回の発表について次のように述べている。
「『CX-8』は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車とともに上質さをお求めになるお客様に向けた、マツダの新しい提案です。マツダは今後も継続的な進化を続けながら、すべてのお客さまに走る歓びと優れた環境安全性能をお届けすることで、お客さまとの間に特別な絆をもつブランドを目指してまいります」

『CX-8』の外形寸法は全長4900×全幅1840×全高1730mm。ホイールベースは2930mm。エンジンはSKYACTIV-D 2.2(新世代クリーンディーゼルエンジン)。トランスミッションはSKYACTIV-DRIVE(6速自動変速機)。乗車定員は6名/7名。

文・編集部

@DIME編集部

最終更新:5/7(日) 8:20
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント