ここから本文です

岡崎、無得点で評価低め。快勝の波に乗れずチーム最低点も…

5/7(日) 1:39配信

フットボールチャンネル

 レスター・シティは現地時間6日、プレミアリーグ第36節でワトフォードに3-0で勝利した。63分まで出場したFW岡崎慎司について、英メディアは低めの採点を付けている。

レスター連勝で残留決定 イングランド・プレミアリーグ【最新順位表】

 岡崎は先発でピッチに立つと、18分に惜しいチャンスを迎えた。ヴァーディーのクロスが岡崎のもとへ届きそうだったが、手前でDFにカットされている。その後はいつもどおりの献身的な姿勢で貢献。63分に感覚の拍手を浴びながらピッチをあとにした。

 『デイリー・メール』は、岡崎の採点を「6」としている。先発出場したレスターの選手の中では単独最低点で、最高点はFWリヤド・マフレズとDFマルク・オルブライトンの「8」。その他の先発メンバーには「7」が付いた。

 一方、『デイリー・ミラー』でも「6」でチーム最低タイだった。ただし、悪かったという印象ではなかったようで「いつも通り」と寸評に記されている。実際、ワトフォードの選手の最高評価は「6」となっており、レスター全体が良かったことがうかがえる。マン・オブ・ザ・マッチのGKキャスパー・シュマイケルには「9」が付いた。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)