ここから本文です

T.ウッズは「気の毒」…「帝王」ニクラス氏が苦悩の英雄に送った“粋なエール”とは

5/7(日) 13:46配信

THE ANSWER

故障続くのウッズにニクラス氏は同情「タイガーに何千回と言ってきたのは…」

 近年、故障が相次いでいる男子ゴルフのタイガー・ウッズ(アメリカ)は4月に腰の手術を受け、再び戦線を離脱。メジャー大会14度の優勝を果たしたレジェンドだが、復活の兆しを見せられずにいる。そんな悩めるウッズについて「帝王」と呼ばれたレジェンドが「気の毒に思う」と同情しているという。

【画像】日本でも大人気 女子ゴルファー、イ・ボミ写真集

 米地元紙「ヒューストン・クロニクル」電子版が報じた記事に登場したのは、メジャー大会歴代最多の18勝を記録したジャック・ニクラス氏だ。

 記事によると、33歳までメジャー大会14度の優勝を果たしながら、度重なる故障でキャリアが停滞しているウッズを気の毒に感じていると語ったという。

「これまでもタイガーに何千回と言ってきたのは『自分が作った記録を破られたいと思う人間はいない。ただ、私は君には記録を破るチャンスを掴んで欲しいと思っている』ということだ。タイガーのことは気の毒に思う、競技者としての仲間が苦しんでいることには無関心ではいられないよ」

 このように語り、一人のゴルフプレーヤーが故障に泣かされていることに同情。自身の記録を突破することにも粋な言葉で期待を込めている。

復帰に期待「タイガーのことは好きだ。もう一度、プレーしている姿を見たい」

 さらに「タイガーのことは好きだ。もう一度、彼がプレーしている姿を見たい。彼がいなくて寂しい限りだ」と述べた上で、メジャー大会18勝のニクラス氏は、こう語っている。

「私は18、20、25といった数字を目標にメジャー制覇を目指していたわけではない。プレーを楽しんだ末に行き着いたのが、私の記録なんだ。記録は破られるためにある。刺激があるのは良いことだし、タイガーはまさに素晴らしい刺激だった」

 あくまでも、ゴルフをエンジョイしたことが伝説的な結果が後からついてきたという。そして、記事では「ジョークなのか見定めるのが難しいが」と前置きした上で、ニクラス氏はこうも話したという。

「もし、後々タイガー・ウッズが現れると知っていたら、もっとメジャー制覇を目指していただろうね」

 史上最高のゴルフプレーヤーにこうも言わしめたウッズ。今季中の復帰は難しいとみられているが、往年の輝きを取り戻し、ニクラス氏の記録に近づくことはできるのか。ニクラス氏本人も楽しみにしていることだろう。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:5/7(日) 13:46
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。