ここから本文です

「軍隊級のテロ対処法」を教えてくれるアプリ

5/7(日) 12:30配信

WIRED.jp

テロに遭遇したらいかに行動すべきか? ケガを負った際の応急処置法は? アプリ『CitizenAID』のリリースは、テロとは無縁でいられない現代社会を象徴している。

【軍隊級のテロ対処法】を教えてくれるアプリ

テロ事件に関する報道の数々には、もはや“不感症”に近い感覚になっていると言っても、飛び抜けて不謹慎な感じがしなくなってきた観すらある。ベルリン、イスタンブールと年末年始も凶行のニュースが続いたが、日本人の多くですら“対岸の火事”と傍観者を気取っていられないほど、テロに遭遇する可能性は高まっている。

では、万が一にもテロという戦慄の現場に居合わせてしまったらいかに行動するべきなのか? 従来であれば戦場や紛争地に臨む軍人だけが訓示を受けたプロトコルを、一般ユーザーに教授するアプリがリリースされ話題になっている。『CitizenAID』がそれで、英陸軍の医療専門家や医科大学の教授らがタッグを組んで開発した本格アプリだ。

「CitizenAIDによってすべての命が助かるというわけでは当然ありません。が、シンプルかつ効果的なアドヴァイスを提供することで、銃撃戦や爆弾テロに遭遇した当事者が、正しい行動、対処を行うことができれば、犠牲者の数を大幅に減らすことができます」とインタヴューに答えるのは、開発者の1人、ティム・ホジェッツ准将。イラクやアフガニスタンでの軍事作戦に派遣され、現地の戦地病院に従事した経験をもつ。

テロの加速度的な件数増加に対して、市民の危機対応に関する知識や、銃創・爆傷など重大かつ非日常的な外傷に対する応急処置法の周知が必ずしも進まない“ギャップ”を埋める一施策として期待されている。まさに「備えあれば憂いなし」の格言を体現する試みだが、このアプリがもっとも優れている点は、緊急時の対処方法を明快なステップ・バイ・ステップで教授していることにある。

たとえば止血方法もそのひとつだ。バーミンガムにあるクイーン・エリザベス病院教授のキース・ポーターは英BBCのインタヴューに対して「(これまで派遣された戦地で)被弾や爆撃を受けた兵士に対して適切な止血処置を行うことで数多くの命を救ってきました。また同様の技術を個々の兵士に教育することで、戦場で命が救われる可能性はさらに増加したのです」と語り、CitizenAIDが説く止血法の重要性を強調している。

2017年も明けたばかりの元旦未明に発生したイスタンブールでのテロでは、新年を祝う若者が集まるナイトクラブが襲撃され39人の尊い命が失われた。辛くも修羅場をしのいだ生存者は、息絶えた犠牲者に紛れて死人を装ったり、ナイトクラブが面するボスポラス海峡に命からがら飛び込んだりと、直後のニュースで数々の生還劇が報道されたが、CitizenAIDによれば、それらはまさに危機に直面した際の最善の行動ということになるらしい。

というのもアプリが唱える基本3原則は「Run, Hide, Tell」。つまり最優先はその場から「逃げる」、避難が難しければ「隠れる」、そして最後にいったん自分の安全がある程度確保されたら、そこで初めて電話などのコミュニケーション手段を使って警察や救急隊に「伝える」との順番で行動することの重要性を説いている。

SHOGO HAGIWARA

最終更新:5/7(日) 12:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。