ここから本文です

イタリアで人種差別被害の元ガーナ代表MFが主審に憤り 「なぜ試合を止める度胸がなかったのか」

5/7(日) 13:10配信

Football ZONE web

ペスカーラのムンタリが試合中に人種差別的野次で主審に抗議するも警告

 イタリア・セリエAのペスカーラに所属する元ガーナ代表MFサリー・ムンタリが、4月30日のカリアリ戦で人種差別的な野次を受けた件について、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」のインタビューに応じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 カリアリ戦で、ムンタリは人種差別的な野次を受けたことに抗議。試合をストップするよう主審に申し出たが、認められずに警告を受けた。さらに試合終了間際には、自らピッチを去り、二度目の警告で退場処分となっていた。

 ムンタリは「サッカーは決して戦争やいさかいを起こしたいものではなく、平和なものだ」としたうえで、主審の行動について憤っている。

「なぜ主審には試合を止める度胸がなかったのか。正常な人間であれば、その度胸を持つべきだったのではないか。もし、ほんの少しの時間でもいいから試合を止めていれば、その時間はとても多くの意味と違いを生み出したはずなんだ。僕らは神によって作られもので、そこに違いはないんだ。ちょっと肌の色が違うだけじゃないか」

サッカー連盟とリーグは出場停止処分撤回

 一度は、2枚の警告を受けて退場処分となった選手として1試合出場停止の処分を受けたムンタリだったが、イタリアサッカー連盟はムンタリのケースでは出場停止処分を撤回することを発表した。これを受けてリーグも処分を撤回している。

 イタリアでは同じタイミングでインテルとラツィオのサポーターも人種差別的なヤジがあったとして、リーグから警告が発せられている。サッカー界で何度となく問題になってきた人種差別的な行為だが、ムンタリはやりきれない思いを語っている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/7(日) 13:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新