ここから本文です

独代表率いるレーブが世界最高給監督に? 中国クラブ、ペップやモウリーニョを上回る高額提示か

5/7(日) 13:50配信

Football ZONE web

レーブは独代表監督として20年まで契約 中国クラブは総額60億円の2年でオファーか

 近年のドイツ代表はヨアキム・レーブ監督の指揮で2014年ブラジル・ワールドカップを制するなど輝かしい実績を残しているが、その指揮官に巨額のチャイナ・マネーによる誘いの手が伸びているという。スペイン紙「AS」が報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 レーブ監督はドイツ代表監督としての契約を、2020年まで延長している。しかし、すでに10年間の指揮を超えた名将に中国クラブは注目。驚異的な高給を提示することで引き抜きを図っているという。

 その金額は、総額5000万ユーロ(約60億円)の2年だとしている。

 ドイツメディア「ユーロスポーツ.de」は、この金額の申し出を仮にレーブ監督が受ければ、世界で最高給の監督になるとしている。未確認ではあるとしたものの、マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督が2500万ユーロ(30億円)を上回ることはなく、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督も1800万ユーロ(約21億円)の年俸であるとした。

 ワールドカップ本大会を翌年に控える強豪国の代表監督に対し、超巨額オファーを送りつけたとされる“爆買い”の中国だが、そのオファーが実る可能性はあるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/7(日) 13:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新