ここから本文です

モデルのアンミカ、“国際スパイ”に「1000万円だまし盗られた」

5/8(月) 9:25配信

ザテレビジョン

5月7日(日)放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に、ファッションモデルのアンミカが登場。“スパイに騙されてお金を奪われちゃった”過去を激白し、“怪しい男にだまされないための授業”を展開した。

【写真を見る】“国際スパイ”と付き合っていたアンミカ

過去にパリコレモデルとして活躍していたアンミカは、34歳から36歳までの2年間、自称・貿易関係の仕事をしている29歳の韓国人男性と交際。

小太り、色白、メガネという出で立ちで「芋新井坂係長」に似たビジュアルだが、7カ国語を操り、猛烈にアプローチしてくる彼に1カ月ほどで完落ちしてしまったという。

さらに専門家の調査によれば、彼が“国際スパイの疑いが強い人物だった”とか。

当時、10年もの交際を経た彼に大失恋した直後で結婚に焦っていたアンミカは、国際的なトークショーで彼と出会う。

猛アプローチを受けて交際を開始したものの、得体のしれない彼の行動に、要所要所で小さな疑惑を抱いていたとか。

そのだましのやり口は結婚詐欺と酷似していて、「1.やたらと運命を感じさせてくる、2.家族に会わせてくれる、3.彼女側の女友達に会いたがらない、4.仕事内容が謎過ぎる、5.眠りが浅い」など5つの特徴があったという。

さらにアンミカは、“彼がスパイかもしれない特徴”として「逃げやすい部屋に泊まる、よく考えたら本当の名前を知らない、本当の出張先を教えない、わき腹を刺されて帰ってくる、背後に立たれることをやけに嫌がる」などを挙げ、怪しさ満点であるにも関わらず、彼に1000万円もの大金をだまし盗られてしまったと告白。

聞けば、アンミカが不信感を募らせるのと同時に彼も本性を露わにし、輸入雑貨店への滞った支払い1000万円をアンミカに立て替えさせたそう。

いよいよ怪しいと思ったアンミカが、電話で「あなたのすべてを話して欲しい!」と懇願すると、彼は突然「さっきからガタガタうるさいんじゃボケ!」と流暢な関西弁でブチギレし、その後は音信不通になったという。

一連のしくじりを踏まえ、アンミカは「結婚したいという想いが強すぎて、彼の全部を信じきってしまった。相手の本質を見抜けなくなるほど前のめりになるのは危険。少しでも怪しいと感じた時点で考え直してください。真のいい目で自分に会う人をしっかりと見つけて、幸せになって欲しい…。今、私が幸せだから言えることです」とコメント。

彼女は2013年にアメリカ人の実業家と結婚し、現在は幸せに暮らしている。

次回は、5月14日(日)放送。SNSでの失言でお笑い界を敵に回した脳科学者・茂木健一郎が、しくじり授業を開講する。

最終更新:5/8(月) 10:54
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)