ここから本文です

ジロ・デ・イタリア第3ステージはガビリアが区間優勝してマリア・ローザも獲得

5/8(月) 7:47配信

CYCLE SPORTS.jp

横風で集団が分断

100回記念大会のジロ・デ・イタリア(UCIワールドツアー)は、5月7日にトルトリからカーリアリまでの148kmで第3ステージを競い、コロンビアのフェルナンド・ガビリア(クイックステップフロアーズ)が区間初優勝し、ボーナスタイムで総合首位に立ってマリア・ローザも獲得した。

ゴールまで残り26kmで逃げ続けていたトラトニクが集団に吸収された後、コースは海岸沿いの横風が強いエリアに突入した。そして残り10kmで風のレースを得意とするベルギーのクイックステップフロアーズが集団の先頭を引き始め、ルクセンブルクチャンピオンのボブ・ユンゲルス(クイックステップフロアーズ)が加速し、集団を分断する作戦を開始した。

すぐに先頭は10数人のグループになり、そこにはクイックステップフロアーズの選手が6人加わり、区間優勝を狙うガビリアも加わっていた。この展開を予期していたマリア・ローザのアンドレ・グライペル(ロット・スーダル)も加わっていたが、不運にも機材トラブルに見舞われ、残り9kmで先頭グループから脱落してしまった。

ゴール地の街カーリアリに入ったとき、マリア・ローザの集団と先頭グループのタイム差はまだ15秒あった。7人の先頭グループはユンゲルスを先頭に残り1kmを通過。最後は長く伸びた先頭グループの後方からネイサン・ハース(チームディメンションデータ)がロングスパートを仕掛けたが、すぐにマクシミリアーノ・リチェセ(クイックステップフロアーズ)とジャコモ・ニッツォーロ (トレック・セガフレード)が後方に付けた。

その後方からガビリアがスパートし、他を寄せ付けることなく大差を付けてフィニッシュラインを通過し、22歳でグランツール区間初優勝を手中に収めた。ガビリアはコロンビアから家族が応援に来ていて、ゴール後は彼らと喜びを分かち合っていた。

マリア・ローザの集団は13秒後にゴール。第2ステージの総合成績でグライペルとガビリアのタイム差は14秒差だったが、ガビリアは区間1位で10秒のポーナスタイムを獲得したため、総合首位に立ってマリア・ローザを着ることができた。

■区間初優勝してマリア・ローザも獲得したガビリアのコメント「横風でのアタックは計画していなかったが、主導権を握ることができた。僕たちは前に6人いて、他のチームを上回っていた。集団が分断したのを見たとき、エンジン全開で行ったんだ。」

第3ステージ終了後、選手たちはサルデーニャ島を離れ、空路でシチリア島へ移動。5月8日は最初の休養日になる。


■第3ステージ結果[5月7日/トルトリ~カーリアリ/148km]
1 フェルナンド・ガビリア(クイックステップフロアーズ/コロンビア)3時間26分33秒
2 ルディガー・ゼーリッヒ (ボーラ・ハンスグローエ/ドイツ)
3 ジャコモ・ニッツォーロ (トレック・セガフレード/イタリア)
4 ネイサン・ハース(チームディメンションデータ/オーストラリア)
5 マクシミリアーノ・リチェセ(クイックステップフロアーズ/アルゼンチン)
6 カンスタンティン・シウツォウ(バーレーン・メリダ/ベラルーシ)+3秒
7 ボブ・ユンゲルス(クイックステップフロアーズ/ルクセンブルク)+3秒
8 カレブ・イーウェン(オリカ・スコット/オーストラリア)+13秒
9 サーシャ・モドロ(UAE・チームエミレーツ/イタリア)+13秒
10 アンドレ・グライペル(ロット・スーダル/ドイツ)+13秒

■第3ステージまでの総合成績(マリア・ローザ)
1 フェルナンド・ガビリア(クイックステップフロアーズ/コロンビア)14時間45分16秒
2 アンドレ・グライペル(ロット・スーダル/ドイツ)+9秒
3 ルーカス・ポストルベルガー(ボーラ・ハンスグローエ/オーストリア)+13秒
4 ボブ・ユンゲルス(クイックステップフロアーズ/ルクセンブルク)+13秒
5 カンスタンティン・シウツォウ(バーレーン・メリダ/ベラルーシ)+13秒
6 カレブ・イーウェン(オリカ・スコット/オーストラリア)+17秒
7 ロベルト・フェラーリ(UAE・チームエミレーツ/イタリア)+17秒
8 ライアン・ギボンズ(チームディメンションデータ/南アフリカ)+23秒
9 エンリーコ・バッタリーン(チームロットNL・ユンボ/イタリア)+23秒
10 サーシャ・モドロ(UAE・チームエミレーツ/イタリア)+23秒
11 ゲラント・トーマス(チームスカイ/英国)+23秒
12 ビンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ/イタリア)+23秒
13 アダム・イェーツ(オリカ・スコット/英国)+23秒
14 ドメニコ・ポッツォビーボ(アージェードゥゼール・ラモンディアル/イタリア)+23秒
17 ナイロ・キンタナ(モビスターチーム/コロンビア)+23秒
19 トム・ドゥムラン(チームサンウェブ/オランダ)+23秒
36 スティーフェン・クラウスウェイク(チームロットNL・ユンボ/オランダ)+36秒
43 イルヌール・ザカリン(チームカチューシャ・アルペシン/ロシア)+43秒

[各賞]
■ポイント賞(マリア・チクラミーノ):アンドレ・グライペル(ロット・スーダル/ドイツ)
■山岳賞(マリア・アッズーラ):ダニエル・テクレハイマノット(チームディメンションデータ/エリトリア)
■新人賞(マリア・ビアンカ):フェルナンド・ガビリア(クイックステップフロアーズ/コロンビア)

最終更新:5/8(月) 7:47
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円