ここから本文です

硬く太く、動きにくい髪質の長めセミロングは、レイヤーやカラーで美髪に!

5/8(月) 12:01配信

OurAge

会社員の伴理詠子さんは、ふくらむクセを抑えるためにロングヘアにしている。「けれど長くするほどに重たく、動きがなくなり、トップがぺったり見えてしまう」という髪の悩みがあるのだそう。

そこで、プロの手にゆだねることで、年齢を感じさせない成功セミロングへ。重さが出やすい鎖骨下20cmの「長めレングス」は、繊細なカットや計算されたカラーリングが美髪を約束する。女性の髪悩みを知りつくした敏腕スタイリスト、「ACQUA omotesando(アクア表参道)」の小村順子さんが、カラーで立体感を出したスタイルを提案してくれた。

◆プロからの提案
ふくらみやすい髪質なら、部分的なレイヤーやカラーがアクセントに!

「まとまりよく見せ、髪にツヤを感じさせるため、毛先だけ短いレイヤーを入れ、トップには重さを残します」と小林さん。

クセに馴染むよう弱いパーマをかけ、さらにハイライトだけの部分カラーで立体感を出している。「髪悩みをカバーしつつ、さりげない動きを表現しました」

ふくらむクセ毛。硬く太く、動きにくい髪質も、プロの手にかかればこんなに美髪に!

最終更新:5/8(月) 12:01
OurAge