ここから本文です

病気がちで保育園を休んでばかりの子ども……子育てを楽にするコツは?【くわばたりえ×井桁容子】

5/8(月) 17:05配信

PHPファミリー

病気がちで保育園を休んでばかり。(こんなに虚弱でこれから大丈夫?)
流行った病気に必ずかかる。(うちの子ももっと丈夫になってくれないかしら)
よく熱を出したりして園を早退する。(仕事を抜けるときの肩身の狭さといったら……)
体調をくずすといつもママが病院に。(たまにはパパが仕事休んでよね)

……そんな子育ての本音を抱えている方も多いのでは?
子育てを楽にするコツを、育児番組で人気のくわばたりえさん、井桁容子さんにうかがいました。

【くわばたりえ】保育園からの緊急連絡先の一番をパパにする

3人とも保育園に入って2カ月くらいは、病気で休んでばかりでした。風邪はもちろん、RS ウイルス、ノロウイルス、手足口病、インフルエンザなど、確実にもらってきます。保育園で「○○が流行り始めました」と貼り出されると、その段階で「はい、うつりました~」と思います(笑)。
子どもは病気するものと思って、その覚悟が必要かなと思います。働いている人は、病気のときに仕事をどうするのかも考えておかないと。 友人は、保育園からの緊急連絡先の一番目を、あえてパパにしたそうです。パパに連絡が入ってもお迎えに行けるわけじゃないのですが、パパからママに「ごめん、頼むわ」となるし、「大変だったね」「どうだった?」と聞いてもらえる。
もしもママが連絡を受けていたら、急いで仕事を切りあげて迎えに行ったとしても、パパは何も知らないまま。これ、いい作戦だと思いませんか?

【井桁容子】子どもは大事な免疫を作っている時期

乳幼児期は体に免疫を作っている時期なので、次々に感染症にかかって当然です。病院に連れていくことも、保育園に行けなくて仕事を休むことも、親は大変ですが、悪化して長引かせないように早めに大事をとることが結果的に親も子どもも負担が少ないです。小さい頃にちゃんと免疫力をつければ、3歳くらいからは病気になることがグンと減ります。
大切なのは、子どもの前で「病気になっちゃった。どうする?」と慌てて、困ったようすを見せないこと。これが続くと、子どもは病気をすると大好きなお母さんの足手まといになると小さい胸を痛め、痛いときやつらいときに我慢するようになります。10代になってから、拒食症が反動となって現れた子もいました。
病気のときは、ただでさえ具合が悪いのだから「つらいね。大丈夫だよ。今日はおばあちゃんに来てもらうね」と、あなたのことを心配していること、迷惑だなんて思っていないことを伝えましょう。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

笑顔があふれるあたたかい家庭を。子育て・しつけ、日々の暮らしに役だつ情報をお届けします。