ここから本文です

疲れの原因は渇きから...水分って1日にどれくらい摂ればいいの?

5/8(月) 11:10配信

ライフハッカー[日本版]

ライフハッカー様

人は、1日グラス8杯の水分を摂る必要があると聞きました。しかし、これより少ない、あるいは多い量が適切と言う人もいます。意見もさまざまです。はっきりした答えはないようですが、自分が適量を飲んでいるか、どう判断すべきでしょうか? 教えてください。

Dumbfounded Drinker(あきれて水を飲んでいる者)より

あきれて水を飲んでいる人さんへ

1日にどれくらい水分を摂ると良いかについては、人によって意見が分かれます。あなたにとっての適量は、体型が異なる他人には適量ではないでしょう。すべての人にぴったり当てはまる、共通の水分量は存在しませんが、Pamila Brar博士に基本的な考え方をお聞きしました。彼女はひな形として、次のように言っています。

・男性は1日3リットル(約コップ13杯)の水分を摂取すると良い

・女性は1日2.2リットル(約コップ9杯)の水分を摂取すると良い

これは単なる基準です。運動する人、また暑い場所や湿気の少ない場所で過ごす人は、排尿を促す飲料(カフェインが入ったソーダなど)がたくさん必要のはず。必要な水分量を把握するもっとも簡単な方法は、上記を基本にして、のどの渇きを感じたらいつでも追加で水分を摂ることでしょう。

どうすれば十分な水分量を摂っているとわかる?

1日16時間起きて活動しているとすると、1時間当たり約137~184ミリリットルの水分を摂取しなければいけません。多いように聞こえますが、1時間に4~8回ほど、少しずつ飲むだけで良いのです(1度にどれくらい飲むかにもよりますが)。いつも水筒を持ち歩き、(ウォータークーラーや台所など)すぐに入れ替えられる環境にあるなら、難しくないでしょう。

水道水の味が嫌いな人や、ペットボトルが環境へ与える影響を気にする人、また大事な飲み物にならお金を払ってもいいと考えている人は、ウォーターサーバーを家に置くと良いです。他にも水の味を好きになる方法はいくらでもあります。また、水を食べることもできます。果物や野菜には水分が多く、日々の必要量を補ってくれます。いずれにしろ、できるだけどこでも水を持ち歩くようにしましょう。水筒を持っていると、水分を摂る習慣がつきますよ。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。