ここから本文です

スマートフォンを「ARマシン」にするフェイスブックの大胆な構想

5/8(月) 12:12配信

WIRED.jp

フェイスブックはスマートフォンを、現実世界のすべてとAR的に交流できるハブに変えようとしている。そのためにはAIをスマートフォン上で稼働させる必要があり、まだ乗り越えるべき壁は多いようだ。

人工知能が誰かの自殺を予測し、防ぐ日は近い

フェイスブックのフセイン・メハンナは2016年11月、Facebookアプリの新機能を発表した。いとこの結婚式の写真を「ピカソ風」や「ゴッホ風」、「アンディ・ウォーホル風」に加工できるもので、記念写真をソーシャルメディアに載せるときにプラスアルファの楽しみができるというものだったが、少なくとも表面上は大した改良ではないように見えた。だがそのとき、メハンナ率いるフェイスブックのエンジニアチームは、コンピューティングの未来を変える大胆な取り組みのための下準備をしていた。フェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグが「AR(拡張現実)プラットフォーム」と呼ぶ取り組みだ。

ザッカーバーグは4月18日朝(米国時間)、毎年恒例の開発者カンファレンス「F8」の基調講演で、このプラットフォームを正式に発表した。簡単に言うと同社は、スマートフォンのカメラをARエンジンに変えようとしているのだ。フェイスブックはまもなく、カメラを通して見ているものに重ねることができるデジタルエフェクトを、他社や外部の開発者が開発できるようにするという。

「これにより、いままではデジタルの世界でのみ可能だったあらゆるものを、現実世界につくり出せるようになります。わたしたちはそれらと交流し、ともにそれらを探求するのです」。カリフォルニア州サンノゼのダウンタウンにあるシヴィックセンターの壇上で、ザッカーバーグはそう語った。

フェイスブックはまず、スマートフォンで撮った写真や動画、あるいはライヴ映像に、こうしたエフェクトをかける方法を提供する予定だ。壇上でザッカーバーグは、キッチンのテーブルの写真に画面上でコーヒーカップをひとつ加えて見せたり、シリアルの入ったボウルの写真にデジタルのサメの群れを加えて、ボウルの周りを泳がせたりした。

フェイスブックはまた、デジタルオブジェクトを現実世界の特定の場所に「固定する」方法も開発中だ。たとえば、夫が冷蔵庫にデジタルのメモを貼りつけておく。妻が自分のカメラを通して冷蔵庫を見ると、まるで本当にそこに貼ってあるかのようにそのメモを見ることができる。つまりザッカーバーグの展望では、「ポケモンGO」のようなゲームを、わたしたちを取り巻く世界と交流する基本的な手段にまで発展させるのだ。

どう控え目に見ても大胆な構想だ。はっきり言って、技術的な面だけ見ても成功させるのは非常に難しい。ましてや、ARを取り巻くあらゆるビジネス上の問題を考えればなおさらだ。フェイスブックは今後数カ月、あるいは数年の間に、こうした多くの課題に取り組んでいく。なかでもとりわけ大きな問題が、「人は本当にスマートフォンを通して世界を見たいと思うのか」というものだ。だが技術面では、2016年11月にメハナが「芸術家フィルター」でデモしたように、すでにかなり進歩している。

1/2ページ

最終更新:5/8(月) 12:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。